特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

NECに就職したい人の難易度や倍率は?評判は仕事は激務で忙しい、残業は多い?

大企業として有名なNECに就職したい人は多くいると思いますが、NECの就職の難易度はどうなっているのでしょうか?NECの就職の難易度は大企業の中では低い方かもしれないのです。言わずと知れた大企業であるNECの就職の倍率は意外と低い可能性があります。とはいっても、大企業の中ではの話ですけど。NECの就職の倍率はどうなっているのか?というと、約50倍というデータがあります。この倍率は決して低いというわけではないものの、大企業にしては低いと思うのではないでしょうか?NECの場合、恐らく採用人数が相当多いのだと思います。元々社員の数は相当いると思いますし、日本のみならず世界で活躍している人がいるので、そういった状況の会社の採用人数は相当多いでしょう。NECは働いている人が多いというのはなんとなく想像ができる人も多いと思いますけど、したがって、NECの場合には就職の倍率は思ったよりは上がらないのでしょう。とはいっても、倍率が50倍はあるということで難しいです。そういった状況をまずは理解してほしいです。NECの就職の難易度は低いわけではないです。普通に考えて難しいので、NECに就職したい人はその難易度に関してはしっかりと知っておいてほしいですけど、働いた後のことについても考えてほしいと思います。NECで働いている人の評判といったものについて調べておいてほしいと思います。こういった情報もNECで働くうえではかなり必要になってきますから。

 

NECにおける就職の評判はどこまで参考になるか?は分かりません。かなり大きな会社で働く場所もそれぞれでかなり違う可能性もあると思いますけど、NECの働いている人の評判について紹介していきます。NECの働いている人の口コミを見ると、会社の雰囲気としてはチャレンジする人が評価され、失敗しても責められないような感じになっているようです。上下関係も厳しくないので、人によってはやりやすい環境というのはあると思います。そういったところが合う人にとってはNECは働きやすいという評判を持てるのではないか?と思います。NECでの仕事はかなり忙しいでしょうね。そういった部分に関する口コミもあります。職種によって、働く場所によってNECでの仕事が忙しいか?どうかは全然違うと言えると思いますけど、1人分の仕事量が多すぎるという声があります。したがって、イメージ通りかもしれませんけど、NECでの仕事は激務である可能性があります。これは営業職の口コミですけど、他の職種も少なからず忙しい面はあると思われます。残業に関してはある程度は存在するようですけど、できるだけ少なくするような社内環境はあるという口コミがあります。残業をするときにはあらかじめ月々の残業について上司に申請をしておいて、上司の承認が必要という口コミもあります。したがって、NECでは残業は少ないのか?と思うかもしれませんけど、実際は残業はそれなりに存在するみたいです。

 

残業をさせない雰囲気はあるが、残業をしているケースはあり、それがサービス残業として存在しているというNECの社員の口コミがあるので、NECでは激務と言えるか?は分かりませんけど、それなりに忙しいということなのではないでしょうか?残業はよくない雰囲気でも、実際には残業をしないと仕事が終わらないという雰囲気がある可能性があります。実際、営業職の人は1日中仕事をしているだけの日もあるとしていたので、NECの評判としては仕事は忙しいということなのでしょう。大企業として仕事が忙しいというのは間違いなくあるでしょう。激務と感じる人もいると思います。どういった企業で働いても、今は激務は避けられない時代なので、NECだけの問題とは思いませんが。ちなみに平均の労働時間は9~10時間となっているので、差はあるということなのでしょう。忙しいときとそうじゃないときがあって、職種や働く場所によっても違うということは言えると思います。NECに就職したい人はこういったところを確認しておきましょう。NECの就職の難易度は高いですし、倍率もかなりあると思いますけど、ブランドがあって大企業というところにメリットを感じている人は多くいると思うのですが、仕事はやはりそれなりにきついということなのでしょう。

 

NECの評判については自分でも調べておくことをおすすめします。インターネットで検索をすれば情報が多く出てきますから。そして、インターネットのNECの口コミの方が恐らく信憑性は高いと思います。匿名で口コミを投稿できるので、会社の顔色を気にせず本音を言えますから。会社説明会の社員の話を聞いても、顔色を窺って本音はまず聞けません。だから、NECの会社の評判を調べたいときにはネットで探すことをおすすめします。そういったNECの評判を調べたうえで、激務なのか?どうかという部分や平均年収、働き方の特徴、福利厚生などについて調べておくと、NECという会社の特徴が分かると思います。ただ、注意しないといけないのはNECは会社の規模がかなり大きいので、職場によって大分状況が変わる可能性があり、そういった部分は社員の口コミでは考慮できない場合があります。だから、口コミで言われていることが、実際に働いたときに当てはまるか?どうかは分からないのです。NECの場合には会社の規模によって、それぞれの社員によって働き方の感じ方が全く違っている可能性があるということなのです。NECに就職したい人は難易度だけではなくて、評判についても調べないといけませんが、やはりNECの就職の倍率などのデータも知っておきましょう。NECの就職の倍率は大企業の中では低いかもしれませんが、一般的な企業レベルで言えば高いですから。簡単には入れないというか、普通に考えたらかなり難しい企業なので、NECに就職したい人は本当に頑張ってほしいと思います。NECに就職するのは倍率も高いですし、大変だとは思いますが、他の人たちも同じような感じで難しいと思っていると思いますから、全ての選考で自分をアピールできるように、人事に望ましい人材と思ってもらえるように頑張っていきましょう。

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事