特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

昭島市の公務員試験の難易度や筆記と面接の倍率、筆記のボーダーラインはどれくらい?

東京都の昭島市は公務員試験としてどういった難易度になっているのでしょうか?昭島市は23区外のため、あまり知名度はないかもしれませんけど、毎年多くの公務員が採用されています。したがって、昭島市の公務員試験を受けている人は多くいるということなのです。そのうえで、昭島市の公務員試験を受ける人は難易度について知っておきましょう。昭島市の大卒程度の一般事務の公務員試験は、年に2回くらい採用されているみたいなのです。5月に行われている8月採用と7月に行われている採用があって、恐らく7月に行われている方がメインじゃないか?と思います。最終合格者の数も7月に行われている方が多いので、恐らくこっちが多くの人が受けているのでしょう。平成28年度の試験結果を参考にすると、5月に採用試験が行われている8月採用の方は154人が受けて最終合格者が5人ですから、倍率は30倍近くあります。一方7月に採用試験が行われているものについては215人が受けて12人が最終合格していますから、倍率は20倍弱くらいになります。そうなると、難易度で言うと7月に採用試験が行われている方が受かりやすいということになるのです。こういった情報をまず頭の中に入れておきましょう。昭島市の公務員試験の倍率は毎年こうなるとは言えませんけど、過去の試験結果ではこういった感じになっているというのは知っておきましょう。

 

ここでは7月に開催されている方の昭島市の公務員試験の大卒程度の一般事務について書いていきますが、昭島市の公務員試験の難易度は10倍以上はありますから、それなりに難しいです。募集人数もあまり多くないのかな?と思いますけど、それ以上に受験者が多いです。だから、ここまで倍率が上がりやすいんですけどね。昭島市の公務員試験の倍率に関しては筆記試験はどうなっているのか?というと、この平成28年度のものでは179人が受けて59人が合格しているので、約3倍です。この倍率は標準くらいだと思います。昭島市の公務員試験の筆記試験の倍率は普通くらいですが、問題は面接の倍率です。これがどのくらいになっているのか?というのは大きいと思います。昭島市の公務員試験の面接の倍率は正確には分かりません。59人の中から12人が合格しているのですが、59人全員が受けているわけではないので、4~5倍くらいということになるのでしょうか?かなり高いと言えますし、昭島市の公務員試験は面接重視ということにもなるかもしれません。昭島市の公務員試験の面接試験の倍率が分かりませんが、筆記試験と比べたら高いというのは言えると思います。ただ、恐らく面接も1回ではないと思います。だから、複数回合わせての数字ならばこれだけ面接試験の倍率が高いというのも納得かもしれません。昭島市の公務員試験は面接重視の可能性がありますが、二次試験までではなくて、三次試験くらいまであるならば、昭島市の公務員試験の面接の倍率が高いのも自然だと思うのです。

 

ただ、昭島市の公務員試験ではどのような選考が実施されているのか?が載っていません。その年の採用試験が近づけばホームページに掲載されるのかもしれませんが、過去の受験案内が載っていないので、昭島市の公務員試験ではどういった選考が実施されるのか?が記事執筆時点では分かりません。ただ、インターネットで別途調べると見つかるので、昭島市のホームページからは見つかりませんが、インターネットで検索をすると良いかもしれないです。昭島市の公務員試験に受かるために最新の受験案内を見ておいてほしいと思います。昭島市の公務員試験の難易度は結構高そうなので、どういった試験が課されるのか?というのは知っておかないといけません。昭島市の公務員試験の難易度に関しては倍率から推測するにそれなりに高いと思うので、筆記試験の倍率はそこまでではないですけど、面接試験の倍率は高いので知っておいてほしいと思います。そして、昭島市の公務員試験の筆記のボーダーラインはどうなっているでしょうか?昭島市の公務員試験の筆記のボーダーラインを正確に予想することはできませんが、問題のレベルはそこまで高くないと思うのです。一次試験は教養試験と論文試験と適性検索となっているので、教養試験のみということを考えると、筆記試験の倍率が3倍程度ということも合わせて考えると、6割取れれば大丈夫な気はしますが、論文次第のところもあります。5割超えれば受かる可能性は出てくると思いますし、6割を超えれば論文の出来にもよりますが、一次試験に受かる可能性はかなりありそうです。昭島市の公務員試験の筆記のボーダーラインの予想はそんな感じです。そして、二次試験と三次試験で面接試験になるようです。

 

つまり、二次試験と三次試験で合わせて、昭島市の公務員試験の面接試験の倍率になるということなのです。昭島市の公務員試験は面接重視という感じがしますけど、まずは筆記対策が重要になります。昭島市の公務員試験の筆記試験のボーダーラインを超えるには筆記対策をしないといけませんが、そのときには市役所試験の過去問を使って対策をすると良いと思います。昭島市の公務員試験の問題のレベルは恐らく市役所試験あたりになると思います。したがって、以下のような過去問を解いておくと良いと思います。こういった過去問を解くと、本番の試験のレベルを体感できますし、どれくらいとれるか?というのも分かります。そして、一通り過去問を解いてみて、何割くらいとれるか?というのを確認しながらも、できない箇所を分析して、その部分を本番までに仕上げていく、重点的に勉強していくということをすると、本番までに1点でも多くとれる可能性が高まります。そういった対策が必要なので、こういう過去問は筆記試験のギリギリにやるのではなくて、少し余裕を持って取り組んで、残りの時間で過去問を解いてできなかった箇所の勉強を集中してやっていきましょう。昭島市の公務員試験の筆記対策としては以下で掲載しているような過去問がおすすめです。

 

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

 

 

あわせて読みたい記事