特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

P&Gに就職するには難易度や倍率は高い?評判や口コミは激務で忙しいわけではない?

P&Gは女性に人気のメーカーというイメージもありますが、ここに就職をするにはかなりの難易度と言えます。P&Gに就職するには高い倍率を突破しないといけません。大企業なので、就職の倍率はかなり高いですけど、P&Gの就職の難易度は高いので、そこはまず理解しておかないといけないのです。P&Gの就職の倍率はざっと見積もって100倍以上はあると思われます。正確な数字が分かりませんが、就活生にとっては間違いなく人気の企業なので、P&Gの就職の倍率は高いのです。倍率が高いだけでも難易度が高いということが言えると思いますけど、P&Gの評判はどうなっているのでしょうか?P&Gに就職するには評判の良さについても理解しておいた方が良いと思いますから、P&Gで働いている人がどういう毎日を過ごしているのか?については理解しておきましょう。P&Gの評判で気になるのは例えば離職率でしょう。離職率に関しては、働いている人の満足度合いがある程度把握できるのではないでしょうか?P&Gの離職率は3%という数字がありますから、離職率としての数字としては低いと言えるのではないか?と思います。したがって、P&Gの就職の評判はそれなりに良いと言える可能性もあります。P&Gに就職する難易度が高い分、評判は良いということも言えるでしょう。社員の満足度合いはそれなりに高いと言えそうです。それ以外のP&Gの働いている人の口コミについても見ていきましょう。

 

P&Gで働いている人の口コミを見ると、会社の実態がよく分かると思います。P&Gの労働時間の平均は1日あたり9~10時間となっているので、標準的な労働時間かな?と思います。問題は残業がどのくらいあるか?ですが、社員の口コミを見ると残業は基本的にはしづらい環境になっているようです。というのも、口コミの中には残業をするときには上司の許可がいるというものがあって、基本的には決められた時間内で仕事を遂行しないといけないとなっているので、残業を極力減らすための風土ができているということです。P&Gの口コミを見るとそういう感じなので、残業は少ないということが言えると思いますし、ここはP&Gの評判としても大きいと言えます。実際は部署とかにもよると思うのですが、会社全体で残業させないための取り組みが感じられるので、そこは評価できると思います。あとは社員教育が充実しているという口コミもあります。P&Gでは評判の良い研修制度がつくられており、それが部署ごとに違っていて、かつ毎年新しいものに進化している、より良いものに作り替えられているという社員の口コミもあるのです。実際、何人かのP&Gの社員の口コミでは転職後に自分が仕事ができるのがよく分かるみたいなことを言っている人がいます。P&Gで培われた能力がいかにすごいものだったか?P&Gにいたときには分からなかったが、他の会社に転職をしてみたら、それがよく分かったというもので、いかに教育が充実しているか?というP&Gの評判として大きいものと言えます。こういった口コミがあると、P&Gの就職の倍率も上がりそうです。人気が出る企業ですよ。こういった口コミを見ていると、P&Gは激務といった感じはしないですね。忙しい雰囲気はあまり伝わってきません。ただ、そういう口コミがあまりないというだけで忙しい部分は絶対にあります。

 

したがって、P&Gに就職するには高い倍率をくぐり抜けないといけないませんけど、内定をもらえても、仕事が激務ではないということではないと思いますから、そこは覚悟しておいた方が良いです。ブラック企業という雰囲気ではないですけど、P&Gで働いていたら忙しいと感じる瞬間は間違いなくあります。ただ、残業を極力抑える風土などがあって、長時間労働という感じはそこまでないかもしれないということです。大企業なので、仕事が楽ということはまずないでしょう。P&Gでも就職したら忙しい瞬間はあるということで、これはどの企業においても今は忙しいときはあるはずなので、そこまで珍しいことではないと思いますけど、いろいろな事業を行っていて、部署も多くあるはずですから、中には激務に感じるときもあると思います。それでもP&Gは平均年収も高いです。だからこそ、P&Gの就職の難易度が高いわけですが。人気となって倍率が高いのは大企業で安定していると思われているだけではなく、給料が良いからというのもあるでしょう。だからこそ、すでに話したように、P&Gは離職率が低いということも言えると思うのですが。それだけ魅力が高いということも言えますが、P&Gの平均年収は850万円となっています。大企業なので驚きはないかもしれませんけど、非常に高い数字になっています。

 

P&Gに就職するには本当に大変ですけど、就職できたらこういった高給にありつけるわけですから、本当に内定が欲しい学生は多いでしょう。P&Gの就職の難易度は間違いなく高いのですが、問題は学歴などが関係あるのか?という点です。P&Gに就職するには選考に進んでいかないといけませんが、学歴フィルターとかがあるとどうにもならない場合があります。P&Gのレベルの会社だと学歴フィルターがあっても不思議ではないですが、別に大企業だから学歴フィルターがあるわけではありません。大学名を気にしている企業が全てではないのです。ただ、どうしても結果的には有名大学からの採用が多いかもしれませんが、それは有名大学の学生の方が大手企業にたくさん応募するからです。有名大学ではない学生は自分の学歴じゃ採用されないと思ってしまい、大手企業を避けて現実的に中小企業を狙う人が増えるので、どうしても結果論として大手企業の採用は有名大学の学生が多くなります。だから、P&Gでは大学名を気にしているか?は分かりませんし、学歴フィルターがあるとは言えないです。P&Gの就職の難易度は高いですが、学歴フィルターがあってもなくても就職するのは相当難しいです。倍率は100倍を超えているとも言われているので、P&Gの就職の倍率は異次元とも言える数字です。そういった中で内定を取るのは難しいですから、学歴フィルターのような真相がわからないものを気にしないでいた方が良い気がします。大企業の中にはそういった仕組みが存在しているところもあるというだけだと思いますから。それに学歴フィルターがあっても、ボーダーはどこからか?は分かりませんからね。

 

P&Gに就職するには実力だけではなくて、いろいろな要素が必要だと思うので、とにかく企業研究をやった方が良いと思います。そして、すでに話したこと以外でも、P&Gの評判については調べてほしいと思います。インターネットでP&Gの評判を調べれば出てくるので、就職活動をしながらP&Gの社員の口コミを調べていくと良いと思います。そういったものを探すことで、P&Gの魅力や大変そうな部分が理解できて良いと思いますから。本当にP&Gは激務じゃないのか?忙しいことはあるのか?とか、やりがいや楽しい部分などもそういった口コミを検索することで見つかると思いますから。そして、P&Gについて調べることで、いろいろな角度から会社についての理解もしやすいと言えると思いますし、企業研究にもなりますから、自分でもP&Gについて調べていった方が良いです。P&Gに就職するには倍率も高いですし、本当に難しいので、P&Gの就職の難易度を超えていくには、できる限りの努力をしていきましょう。企業研究と自分自身の会社への理解を深めるための作業は大きな意味を持ちますから。

 

あわせて読みたい記事