特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

島根県の公務員試験の面接対策での志望動機の考え方は?評価されるためのポイントを紹介

島根県の公務員試験を受ける人は面接対策についても考えていかないといけませんけど、面接対策としてはどういったところに気を付けていけば良いのでしょうか?やはり島根県の公務員試験の志望動機を考えるところが重要で、どうやって面接で評価される志望動機を考えられるか?が重要になります。島根県の公務員試験の面接対策では志望動機の考え方が合否を分けることがあるので、そこの考え方について話していきたいと思います。島根県の公務員試験の場合には一次試験から面接試験がある可能性があります。最新の受験案内を見てほしいですが、少なくとも2017年度の採用試験までは一次試験に面接試験があったので、その時点で志望動機を聞かれる可能性があるのです。つまり、一次試験を受ける前の段階ですでに志望動機が頭の中にないといけないのです。一次試験の面接で志望動機が聞かれるか?は分かりませんけど、準備はしておいた方が良いでしょう。島根県の筆記試験の勉強をしながら、面接対策をしていかないといけないので、島根県庁を受ける人は大変だと思いますけど、面接対策を早くから準備しておいて、本番で志望動機を聞かれても大丈夫なようにしておきましょう。島根県の面接対策では志望動機の考え方を含めて、いろいろな質問に対応できるようにしましょう。何を聞かれるのか?というのを想像して、準備をしていってほしいと思います。

 

島根県の公務員試験の面接対策での志望動機の考え方は島根県についてまず調べるということが大切になります。島根県の公務員試験の志望動機の考え方としては、島根県が今どんなことをやっているのか?インターネットを使えばそういった情報はすぐに手に入ると思いますけど、面接対策のときにはそういった企業研究じゃないけど、自治体について調べるということが必要なのです。そういったことをすると何が分かるか?というと、島根県での現在の取り組みが分かります。政策という言い方をする場合もありますけど、島根県の公務員がどんな仕事をやっているか?が分かるのです。そして、どんな仕事をやっているのか?が分かれば、島根県の自治体にとって何をしなければいけないか?が分かります。それはまさに今やっている取り組みで、それは必要だからやっているわけです。つまり、島根県の自治体のホームページなどに書いてあることは、今軒を挙げて取り組まないといけないことであり、住民や街にとって需要があるということになります。それが志望動機の中心になるのです。そして、ホームページでも良いですけど、そういった島根県の取り組みの中で、できるだけ島根県に独自のもの、島根県が特に抱えている問題や課題と言えるようなものを見つけましょう。嶋名権を志望した理由としてそういった部分があった方が良いので、他の自治体ではあまりなさそうな取り組みを選んだ方が良いと思います。

 

ここからが島根県の公務員試験の志望動機の考え方の肝になります。島根県の面接対策で志望動機を考えるときには、島根県での中で今まさに行われている、必要とされている、やらないといけない政策をチョイスするところがスタートになりますが、そのうえで必要なのはそれをあなたがやりたいという理由です。すでに島根県で行われている政策の中からオリジナル性があるというか、島根県独自と言えるようなものを見つけて、それをやりたいから島根県で働きたいと話すわけですが、問題はやりたい理由です。この理由において、願望は入れてはいけません。あなたがやりたいと思った理由を答えるときには、あなたがやりたいからというよりは、あなたがやることでこんな良いことがあるからという表現にしましょう。多くの受験生は同じようにやりたい仕事とかを志望動機に持ってくる人が多いと思うのです。でも、やりたい仕事があるから。で終わってしまう人が多いのではないでしょうか?やりたい仕事があるのは、面接官も分かっているはずです。しかし、やりたい仕事があっても、なぜあなたがをそれをやるのでしょうか?という問題があります。公務員の仕事ってやりたい仕事をやれる保証はない。つまり、あなたが特定の仕事をやってみたいと思ったならば、あなたに自治体がそれを任せるように仕向けないといけないでしょう。そのためには何が必要か?というと、あなたがそのやってみたい仕事をやる意味なのです。それをあなたに任せるこんな良いことがあります。別の言い方をすると、あなたにはこんな能力があるので、この仕事を任せるのにぴったりです。みたいな要素があれば、あなたがその仕事をやれる可能性は高くなります。

 

そして、あなたがその仕事を実際にできるようなことがあるならば、あなたはその仕事をに向いているという評価を得たことになり、その仕事を通じて社会貢献ができるわけです。つまり、仕事は基本的に向いている人にやってもらうのが良いので、特定の仕事が自分に向いているということを分かってもらえれば、あなたはその仕事を行うことにより、島根県の役に立てるということが言えて、面接官としてもあなたを採用する意味が出てくるわけです。だから、島根県の面接対策で必要な志望動機は、やってみたい仕事を話したうえで、自分にはこういった能力があって、それがその仕事に役立つ。だから、自分がその仕事を全うできれば、島根県の役に立てるはずだ。という流れにすると良いと思います。自己PRのようなものを志望動機と組み合わせて、自分がやってみたい仕事として話す内容に合う自己PRを、その仕事で生きる能力などを一緒に話して、全体として志望動機にしていくと良いと思います。島根県の面接対策の志望動機の考え方に関してはそういった感じで考えていくのも1つの手です。他の受験生とは違う、差別化のされた志望動機になるのではないか?と思います。

 

 公務員試験の面接をこれから受験する人は以下の面接対策本がおすすめです。公務員試験の面接を初めて受ける人にとっては、本書を読むと公務員試験の面接の流れ、内容、注意点、評価ポイントなどが分かりやすく書かれているので、それらについて理解できると思いますし、公務員試験の面接試験がどういったものなのか?確実に分かると思います。そして、実際の公務員試験の面接で聞かれる頻出の質問とその答え方を10~20個くらい載せているので、島根県の面接試験やその他の試験種の面接試験で聞かれることに関して十分な準備ができるのではないか?と思います。そして、本書の1番の魅力と言えば、やはり面接官がどんな公務員が欲しいか?について書いてあるページです。面接官が採用したい人というのは、どんな人なのか?についてスクラッチくじを例えに出して解説しているページがあると思うのですが、そこが個人的には1番役立った、買って良かったなと思えた部分です。この部分というのは、公務員試験の面接を受けるにあたって、面接官の評価をいかに高められるか?自分を採用してもらえるか?という部分に関してとても重要なので、多くの人に読んでもらいたいと思います。公務員試験の面接に受かりたい人は良かったら参考にしてみてほしいと思います。

 

公務員試験 面接・官庁訪問 攻略の秘策 2019年度採用

公務員試験 面接・官庁訪問 攻略の秘策 2019年度採用

 

 

あわせて読みたい記事