特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

青森県の公務員試験の面接対策での受かる志望動機の考え方の例

青森県を受験する人は、面接対策ということで志望動機を考える必要があります。青森県庁の面接での志望動機の考え方に悩んでいる人もいるのではないでしょうか?公務員試験における面接の志望動機というのは、誰もが悩むところだと思いますけど、青森県で働きたい人は是非早めに志望動機を考えていってください。青森県の志望動機を考えるときには、個人的なアドバイスとしては地元であるということを強調しない方が良いと思います。地方上級は地元を受ける人が多いので、やはり愛着ある地元で働きたいということを志望動機に据える人がいますけど、私はそれはあまりおすすめしません。なぜならば、青森県を受ける人は基本的にほぼ全員が地元出身または在住だと思うのです。だから、地元であるとか、愛着があるとか、そういったことは受験者全員に共通しているようなものであり、全く差別化にならない、面接官の心に響かないと思うのです。また、そもそも地元で愛着があるという志望動機は、私は不適切な志望動機だと思うのです。

 

なぜか?というと、そもそも地元だから、愛着があるからという志望動機を聞いて、面接官が採りたい気持ちになるか?が問題なのです。面接官が欲しい人材というのはどういう人たちでしょう?メン悦感が採用をするときに気を付けること、気に掛けることの第1位は、その人が公務員として適当な能力、適性を有しているか?だと思います。そして第2位がすぐに辞めないこと、長く働いてくれるか?という点になるかな?と思います。でも、第1位にくるのは公務員として働かせて大丈夫か?ちゃんと働いてくれるか?だと思います。問題は地元で愛着があるからという志望理由が、そういった部分の確認になるか?というと、ならないと思うのです。公務員の志望動機はなぜ働きたいか?ではなくて、なぜ自分が働くべきなのか?を考えていくと、公務員として適切な評価されやすい志望動機になると考えます。青森県庁の公務員試験の志望動機の考え方の例の1つに、そういったところがあると思うので、地元や愛着というキーワードは極力出さないで、自分がなぜ青森県庁に必要なのか?を考えていきましょう。そうすると、評価されやすい青森県庁の志望動機になりやすいと思います。

 

やっぱり面接官の立場に立ってみたときに、青森県で働きたいので青森県を志望しましたと言う人と青森県にとって私が必要なので青森県を志望しましたと言うでは、後者の方が印象が良い気がします。もちろん、なぜ自分という人間が必要なのか?の説明はしないといけませんが、それがきtんとなされたならば、青森県で働きたいと言っている人間は、青森県で働きたい気持ちは伝わるが、その人がちゃんと青森県に貢献してくれるか?は分からないということになります。でも、青森県にとって自分が必要だと、ちゃんと根拠をもって話した人については、青森県に貢献してくれそうだという期待が持てますから、採用可能性も高まる気がするのです。青森県の公務員試験の志望理由を考えるときには、地元で愛着があるから働きたいということではなくて、青森県にとって自分が必要だと言える理由、自分が働けば青森県がもっとよくなる理由を述べて、だから私が青森県で働くべきなのです!というような感じで考えると良いと思います。そのためには自己PRと絡めて、青森県の政策について調べていく必要がありますけどね。

 

青森県で行っている取り組みを調べて、その中で自分の強みなどを生かせる部分はないか?を考えます。そして、それがあればその強みを生かして、青森県で特定の政策や取り組みに対して自分が参加できれば、よりいい方向に進んでいくという説明がしやすいと思います。青森県がより良い方向に進んでいくならば、それは青森県にとっても望ましいことなので、だから私は青森県を志望しますと話せれば、青森県の面接での志望理由は結構いい形になると思うのです。青森県の面接対策での志望動機の考え方の例として挙げてみましたが、少なくとも地元や愛着というキーワードは出さない方が良いと思うので、面接対策をするときから気を付けてください。青森県の公務員試験では自己PRと志望動機の考え方は重要で、ここが面接での核になるので、ここを時間をかけて考えていくべきです。そのうえでそれ以外の質問への対策もしていってほしいですが、青森県の公務員試験の面接を受ける人は、青森県在住か出身者が多いと思うので、どうしても地元や愛着を全面に出して志望理由を考えたくなる人が出てくるかもしれませんが、そこは我慢をして、自分が青森県で働くことでどんなメリットがあるのか?を志望動機の中心にしてほしいと思うのです。

 

公務員試験 現職採点官が教える! 合格面接術 2018年度

公務員試験 現職採点官が教える! 合格面接術 2018年度

 

 

あわせて読みたい記事