特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

就活で感動した話やエピソードを話す意図やコツは?感動したことや本の回答は難しいが

就活で感動したエピソードなどを聞かれることがあります。エントリーシートに記入しないといけないようなときもありそうですけど、そういったときにはどういったものを書けば良いのでしょうか?感動したことと言われてもパッと思いつかないのではないでしょうか?またはどういうものが望ましいのか?という部分も気になると思いますけど、就活の面接などで感動したことを聞かれた際には何て答えれば良いのか?というと、まずは面接官の意図を理解することが重要でしょう。面接官の思惑としては、その人がどういう出来事に対して心を動かされるのか?を見ようとしている部分もありそうです。あとは単に性格や個性を見たいと思っている部分もあるでしょう。しかし、メインとしては心を動かされる対象は何か?を見極めることで、どういった分野のことに興味や関心があるのか?何に対して真剣になれるのか?などを解き明かそうとしている可能性もあるのではないか?と思います。感動したことっていうのはいわゆる感性の問題です。感性というのは仕事においても重要な部分になります。また、努力でどうにかするものではなくて、その人に備わっている才能に近い要素になります。

 

したがって、その人が何に対して感動するのか?はそれぞれで違いがあると思いますが、それぞれが何に対して感動するか?の部分は才能と同様に、持って生まれた部分(これから変えるのが難しい)になるのです。それが感性というものでしょう。就活ではエントリーシートや面接で感動したことを聞かれる可能性がありますけど、これに関しては正解と言えるものがありません。こういったことを答えた方が良いと言えるものがなかなかないと思います。空気を読んでビジネスに関することじゃないといけないというわけでもないと思います。だから、就活で感動したエピソードを話すときにはせいぜい反社会的なことは避けた方が良いくらいのアドバイスしかできないという難しさがあります。ただ、1つアドバイスをするならば、差別化をする手法としては自分が何かをされて感動したとかではなく、第3者目線から感動したエピソードを話すと良いかもしれません。差別化しないといけないわけではないですけど、より客観的な視点から物事を語ることができるというのは大きいと思います。例えば、自分が他人に助けてもらって、その他人の行為に感動した話をするのではなくて、AがBを助けていた。それを自分が見ていて感動した話をするというのでは、印象が違います。自分が何かをされて感動するというのは当たり前じゃないですか?自分に対して嬉しいことをしてくれたならば感動するのは自然だと思うのです。しかし、自分が関係ない場面で、他人に対して感動できる人は他人の感情を理解する力を持っていると言える側面がある気がします。

 

その力ってビジネス生きそうな気がするのです。他人への想像力が働くような人というのは、顧客心理を読む必要がある企画やマーケティングとかでも生きる気がします。だから、第3者目線から感動した話を持ってくると、人事が少し評価してくれるかもしれないのです。就活の面接やエントリーシートで感動した話をしないといけないときにはそういう考え方でも良いと思います。感動した話をするときには絶対にそういう視点からの題材を選ばないといけないわけではないと思いますけど、そういうアイデアもあるというのは覚えておきましょう。就活で感動したことを聞く意図はいろいろとあると思いますけど、学生の感性やものの考え方を見ようとしている可能性もあります。それは就活では感動した本とかで聞かれる可能性もありますね。それも意図としては大して変わらない気がしますが、こっちは本じゃないといけないのでかなり限定される分難しいかもしれません。就活の面接では感動した本は何か?というのは割と聞かれるかもしれませんから覚えておきましょう。就活での感動した話は正解がない分、どうやって答えたら良いのか?難しい面もあると思いますが、自分が今までで1番感動したと感じるエピソードを選ぶのが良いのではないでしょうか?

 

就活のエントリーシートや面接で感動した話をしないといけないことは結構あると思うので、あらかじめ考えておかないといけないと思いますけど、就活で内定を取るには人事の考えをある程度読んでいく必要があります。就活での感動したことというのは人事の心を読むのは難しいとは思いますが、こういったケース以外ではある程度可能な場合もあります。人事がどういう学生を評価しようとしているのか?学生のどういうところを見ているのか?を知ることができれば、それについての対策ができますから、内定をとれる可能性もどんどん上がると思います。それができるのが以下の本ではないか?と思うのです。こちらの本は早期で内定を取るために必要なコツやテクニックが載っているのですが、その中には人事がこういう学生が欲しいとか、こういう学生はいらないといった具体的な欲しい人物像を載せています。そういった人事の本音を知ることができれば、それに合わせた対策をすることができますから、面接の通過率などが上がる可能性があるでしょう。こういった人事が本音で生の情報を語ってくれるという機会はそうはないと思うので、こういう情報は他の就活生に対して差をつけるチャンスになる可能性もあると思います。良かったら参考にしてみてください。

 

 

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

 

 

あわせて読みたい記事