読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

面接のドアの開け方や閉め方は両手?片手?ドアがない場合や勝手に閉まるケースは?

民間企業の就職活動

就活や公務員試験のなどで面接に臨むときにはいろいろな作法についても学んでから本番に挑んでいくのではないでしょうか?面接というのは、面接そのものだけではなくて、その前から採点対象になっているため、本当に気が抜けません。特に面接でのドアの開け方や閉め方はどうやったら良いのか?気になっている人もいるのではないか?と思います。こういったところはやはり事前に学んでおかないと分からない人もいるでしょうから、少しでも正しい知識を身に付けておいてほしいと思います。では、面接においてのドアの開け方や閉め方はどうしたら良いのでしょうか?ポイントとしてまずあるのは、面接のドアは両手なのか?片手なのか?ということです。ドアがない場合もあるんですよね。私も経験しましたけど、先に面接をやる部屋に通されて、そこまで面接官がくるのを待っているようなパターンもありますから。そういう面接においてドアがないケースもありますけど、一般的にはドアはあるでしょう。そのときに面接の部屋のドアは両手で開け閉めすべきなのでしょうか?基本的には開けるときには片手です。両手で開ける人はまずいません。

 

そして、ドアを閉めるときにはケースによって異なると思います。カバンを持っているケースでは基本的にはカバンを持ったまま閉めて良いです。カバンを下に置いて閉めるというケースはどうなのか?と思うかもしれませんが、間違いとは言えないかもしれないけど、あまり一般的ではない気がします。そして、カバンを持ったまま片手でドアを閉めるようにしましょう。面接のときのドアの開け方と閉め方は基本的には片手で行います。カバンを持っていないケースでは閉めるときは両手で閉めても良いかもしれませんが、カバンを持って面接の部屋に入ることが多いでしょう。これがとりあえずは基本的な面接のドアの開け方と閉め方になると思います。面接でドアを閉めるときも片手で行います。面接でのドアを両手で閉めるということは基本的は行わないことになると思います。最低でも両手が空いているシーンじゃないと厳しいですが、そういうシーンがなかなかないかと思います。あと、調べてみたら分かりましたが、面接でのドアが勝手に閉まるケースがあるようですね。ただ、この場合の勝手に閉まるドアでもちゃんと片手を添えて閉めた方が良いと思います。理由としては、勝手に閉まるドアに対して手を添えないと勢いよく閉まってしまい、音が大きく鳴る可能性があります。したがって、面接でドアが勝手に閉まる場合でも片手を添えて閉めていきましょう。

 

就活や公務員試験の面接ではドアの開け方や閉め方は重要です。面接でのドアの開け方は特にその人の第一印象になりますから。面接でドアは基本的には両手を使う必要はないと思います。片手でいきましょう。面接でドアがないという例外的なケースもあると思いますが、それは臨機応変に対応するしかないですね。私みたいに最初から部屋の中にスタンバイしているようなケースもあるかもしれません。その場その場でベストと思われる振る舞いをしていけるような意識しましょう。面接においてドアがないケースというのはそうあるものではないと思います。ドアを開けたり閉めたりする必要がないというだけで、それ以外は一緒で良いと思います。ドアの開け閉めを省略して、お辞儀などをしていけると良いのではないか?と思います。面接でのドアはカバンを持ってる開けたり、閉めたりするケースが多いと思うので、片手でやっていくのが基本であり、それが1番自然に見えると思います。事前に練習をしていけるとより確実ですね。

 

就職活動をするうえで面接は避けて通れませんが、その面接に受かるにはやはり面接官が使っている採用基準を知る必要があります。新卒の面接の採用基準をあらかじめ知っておくと、その採用基準に沿うように対策ができますから、より面接官にとって好意的な人物を演じることができる可能性があるのです。面接官がどういう学生を欲しいと思っているのか?面接ではどこを見ているのか?どういう学生が採用されるのか?というポイントを以下の本では詳しく解説しています。こういった採用基準を知っている人は少ないので、この本を事前に読んでおくと大きいでしょう。他の就活生に差をつけられる可能性もあります。良かったら参考にしてみてください。

 

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

 

 

あわせて読みたい記事