読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

面接において相槌を打たないはマズイ?「はい」、「ええ」、「なるほど」はどれが良い?

民間企業の就職活動

面接を受けているときには相槌を打つことは必要でしょうか?必要か?どうかはともかく、面接官からしてみれば相槌を打ってくれる人の方が質問などをしていて安心感があるというのは言えるのではないでしょうか?面接において注意することの1つに相槌があるのです。あなたが面接官に話をしているときに、面接官が相槌を打ってくれた方がちゃんと自分の話を聞いてくれているという安心感があるのではないでしょうか?話していて気分がいいはずです。だからこそ、面接で気をつけることで相槌があるのです。したがって、過剰なほどはやらない方が良いですけど、就活や公務員試験の面接では相槌を打っていくというのも良いと思います。しかし、問題は相槌をどうやって打っていくか?です。いろいろな種類がありますよね。私が相槌を打つときにはだいたい「はい」という言葉を使います。面接での相槌というのは「はい」や「ええ」などが代表的ではないか?と思います。それ以外ではなるほどとかもあるかもしれませんが、なるほどを面接で使うのは不自然かもしれません。

 

したがって、面接での相槌は「はい」か「ええ」を使うのが良いかもしれませんが、「はい」が1番しっくりくると思います。面接では気をつけることとしてどういう相槌を打つべきか?ということがありますけど、「はい」を使うのが面接官に対しては1番問題がない気がします。「ええ」は年上の人に使うのは不自然な印象を持つ人もいるかもしれなですから。面接官が面接を受けている人に対して相槌で「ええ」を使うのはそんなに不自然ではない気もしますけどね。面接で注意をすることとしてここは覚えておいてほしいと思います。面接では相槌を打たないという人もいるかもしれませんけど、相槌は打ったほうが良いと思います。ただ、面接では相槌を打てばなんでも良いというわけではないと思うので、ちゃんと考えていかないといけません。面接における相槌は「はい」が基本になると思います。あとは「なるほど」とかもありますけど、これについても面接官が使う分には良いかもしれませんが、面接を受ける側が使うのは不自然というか、あまり好ましくないと思われます。したがって、面接での相槌で「なるほど」は使わないようにしましょう。癖になっている人もいるかもしれませんから、そういう人は気をつけてください。

 

あと、面接での相槌で「うん」もやめておいた方が良いです。理由は同じです。「うん」という相槌は面接官の方が使うものでしょうね。したがって、選択肢としては1つだけです。面接においての相槌は「はい」の一択になると思います。あとは相槌は打たないけど、頷くということもあります。そういった人も実際に多くいると思います。言葉に出さないが、相槌として頷く行為をするというのも結果的には同じ効果を生むかもしれません。面接官の話をちゃんと聞いているというアピールになりますから。だから、面接では相槌を打たないで、頷くというのもありかもしれませんが、個人的には相槌を打ったほうがより丁寧な気はします。面接で「はい」と相槌を打つのが理想になるのではないでしょうか?面接では「なるほど」や「ええ」などの相槌もありますが、こういったものは言わないほうが良いです。そして、先ほどもちらっと言いましたが、頷くというのも効果的です。できれば、「はい」と相槌を打ちながら、軽く頷くとより良いと思います。両方を同時にやっていくということです。面接における相槌はこういった感じで考えていけば良いのではないでしょうか?

 

就活などの面接に受かるには相槌も1つのポイントになりますけど、それだけでは足りないでしょう。いろいろなところに注目して、対策をしていく必要があります。面接においては相槌は打たないよりは打った方が良いですけど、やはり面接官がどのように考えているか?を知ることは重要になります。新卒の面接においてはどういう学生が採用されるのか?どういう学生を採用したいと思っているのか?を見極めるのは大切なのです。以下のような本はそういった情報を知るのに有効だと思いますから、参考にしてみるといいかもしれません。新卒採用の面接官が採用において使っている採用基準や面接で見ているポイント知れば、その情報をもとに的確な対策ができて、面接官から見て採用したいと思える人物像を演じることができます。すると、やはり面接に通る確率が上がるので、内定を取れる可能性も上がるのではないでしょうか?新卒の面接官の採用基準という情報は多くの学生は知らないので、こういった情報を知っておくと少しでも有利になれる可能性があります。良かったら読んでみてほしいと思います。

 

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

 

 

あわせて読みたい記事