読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

就活の面接の到着時間は何分前に行くべき?何分前に行けばいい?何分前までに到着すると失敗しない?

就活などの面接は到着時間はどうしたら良いのでしょうか?面接は何分前に行けばいいか?というのは悩むのではないか?と思います。面接の到着時間はできるだけちょうどいいタイミングで行きたいところですが、面接は何分前に到着すると良いのか?というのは、早すぎず遅すぎずというところでしょうか。面接は何分前までに到着すべきか?というのは正解があるわけではないが、1つ覚えておいてほしいのは早すぎる分にはそんなに問題ないということです。面接は何分前に行くべきか?というのは、会場に到着する時間という意味では、早くて良いと思うんですよね。早く着いた場合には良い時間帯になるまで待つという手がありますから。しかし、遅く着いた場合にはどうしようもないので、それだけは避けないといけません。面接に到着する時間としては想定しないといけないことがあります。それは何らかのアクシデントにより、思ったよりも到着時間が遅れるということです。会社説明会などですでに行ったことがあるという場所ならば、道に迷うことは考えづらいですけど、会社説明会レンタルオフィスなどで行われた場合には、初めて行く場所という可能性もあるでしょう。

 

そういうときにはもしかしたら道に迷うケースもあるでしょうし、それ以外のアクシデントもあるかもしれないので、面接は何分前に行けばいい?というのはやはり余裕を持って早く着きすぎるくらいに、これだけ早く家を出て遅れたならば、自分は悪くない!と、やれることはやった!と言えるくらいに余裕を持って会場に着くようにしましょう。面接は何分前までに行くべきか?というのはそこを考慮するのが良いのです。だから、面接には何分前に到着すべきか?というとそれこそ極端に早いくらいでも良いと思います。面接には何分前に行くべきか?というと、具体的には私であれば会場に着くのは30分前くらいです。それくに着けるように家を出ると思います。30分前に実際に着いたとしても、いきなり面接が始まるわけではないです。待っていることになると思いますが、そのときには面接の準備とかできますから、結構30分くらいの時間は長いとは感じないと思います。あと、面接は何分前に行くべきか?というときに余裕を持って着くようにした方が良い理由としては、身だしなみのチェックができるからです。家を出るときにもチェックはすると思うんですよけど、会社に向かっているときに少し乱れてしまう可能性があるのです。就活などの面接の到着時間を早くした方が良い理由としてはその身だしなみのチェックをするためというのが大きいと思います。

 

面接の到着時間を早くして、身だしなみのチェックをすれば面接官からの印象が良くなりますからね。特に髪型とかは会社に行く途中で乱れても不思議ではありません。風が吹いていたりすると乱れますよね。それを直すための時間は絶対に必要です。だから、トイレなどに行って髪型、スーツの着こなし方などを最終チェックする時間を確保しておくというのが1番重要ですかね?あとは面接の受け答えの対策をしてきたことの確認などもしておけると良いと思います。就活で面接は何分前に行けばいいのか?というのは早ければ早いほど良いです。遅刻のリスクも少ないですし、身だしなみをチェックする時間もありますから。遅刻するのは問題外としても、身だしなみをチェックする時間的余裕がないくらいにギリギリに着くと、見た目がそういう感じで面接をしないといけないので合否にかかわります。だからこそ、30分くらい前に余裕を持って面接の到着時間を考えると良いと思うのです。面接は何分前に行けばいい?というときにはそのくらいを目安にしてもらいたいですけど、早い分には良いですよ。40分前とかでも良いです。面接は何分前に到着すべきか?という回答としては早すぎる分には構わないが、遅すぎるのは困るということで考えてもらうと良いと思います。

 

 就活での面接というのは到着時間や何分前までに行けばいいか?という部分も少なからず重要ではありますけど、やはり受かるためには対策をしないといけません。その対策というのはやはりどういう学生が採用されるのか?という面接官の思惑を見抜くことです。そういった部分について解説してくれているのが以下の本になります。本書は新卒の就職活動の面接における採用基準を明らかにしてくれているので、面接官が面接中に学生のどういうところを見ているのか?どういう学生が評価されるのか?どういう学生を欲しいと思うのか?について学べます。そういった部分がわかると、そこから逆算して対策を立てられます。つまり、面接官が欲しいと思う人材の特徴に見合うように面接中に振舞ったり、回答したりという対策をしていけば良いので、結果的に面接に通る可能性が上がり、内定がとれる可能性が上がるかもしれないのです。こういった面接官が使っている採用基準のような情報はほとんどの就活生は知る機会もないでしょう。しかし、本書を読んでいればそれを知ることができるわけですから、ライバルに差がつけられるということも言えますから、有利に立てるのです。良かったら参考にしてみてください。

 

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

 

 

あわせて読みたい記事