特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

就活で成績証明書はいつ提出?期限はいつまで?出せないケースや出し忘れたらアウト?

就活では成績証明書というものが必要になる場合が多いです。こういった書類はいつ出すのか?という部分が不明という人もいると思うのですが、特に言われていない限りは出さなくても良いと思います。どの段階で成績証明書を提出するか?は企業によって違うと思います。内定を出すまでには出して欲しいと言われると思うのですが、履歴書とかは早い段階で出すことを求められるものの、成績証明書はそんなに早い段階では提出を求められないケースが多いと思います。全ての企業がそうではないと思いますが、成績証明書はいつ提出するか?というのは、大きく2つのタイプの分かれると思います。1つは企業が大学での成績を重要視している場合です。この場合には本格的な選考を行っている段階ですでに成績を加味して合否を決める可能性があるので、早い段階で生成証明書を提出することになるかと思います。この場合には成績証明書はいつ提出するのか?というと、一次選考とかそのくらいになるケースもあるということです。

 

しかし、企業が大学での成績はあまり関心がない場合、選考の結果に成績を加味しないようなケースでは早い段階で提出を求められることはないのではないでしょうか?この場合には成績証明書はいつ提出か?というと、内定を出す前になるかと思います。最終面接とかの段階でしょうか?つまり、ちゃんと卒業できそうか?などが重要であり、成績そのものの良し悪しには興味がないような場合には、こういった遅い段階ということになるのです。成績証明書はいつまでに出さないといけないとか、そういう決まりはないと思います。成績証明書をいつまでに出すべきか?というのは、企業によって異なる対応を迫られる可能性が高いということです。あくまでも企業が何らかの参考にするためのものなので、企業が提出を求めたら出せば良いと思うのです。選考に通過していけばいずれは提出を求められると思いますから、基本的にはその段階で出せば良いと思います。企業から要求されていない段階で出す人もいるかもしれませんが、求められていないものを出すのは正直どうかと思います。いずれ提出する必要性があるのはその通りかもしれないが、企業にも都合があると思うので、基本的には成績証明書はいつ提出するか?については企業の指示に従うというのが良いと思います。

 

ただ、成績証明書をいつ提出するか?の指示が出たとしても、成績証明書が出せないケースとかもあるかもしれません。その辺の事情はよく分かりませんけど、もし成績証明書を出せないケースがあって、そのときにすでに企業から提出を求められているというのであれば、その事情を説明すれば企業も理解してくれるのではないでしょうか?提出できない事情があるとしたら、それは就活生のせいとかではなく、大学側の事情とかの部分だと思うので、恐らく企業も理解してくれるでしょう。就活では成績証明書が出せないことに関してはちゃんと訳を話しておけば理解をしてくれると思うのですが、成績証明書を出し忘れたとかになると話は別ですね。成績証明書をいつ出すか?というのは事前に言われている場合で、出すのを忘れたとかになってしまうとかなり印象が悪いです。

 

出し忘れで即不合格にはならないかもしれないですけど、評価は下がるでしょう。事前に出せないことを言っておいた場合は問題ないですけど、成績証明書をいつまでに提出するという期限を過ぎて、後から出し忘れに気付いた場合には、後から釈明と謝罪をするしかありませんが、企業からの評価は多少なりとも下がる可能性があるので、そこは知っておかないといけません。成績証明書はいつまで提出するか?は基本的には企業の指示に従うこと。そして、いつまで提出をしないといけないか?の期限はちゃんと守って成績証明書の出し忘れは避けるようにすること。こういったところが必要になります。それを行っていければ、成績証明書をいつ出すか?の問題は解決すると思います。勝手な判断で持って行くよりはいつ出せば良いのか?を聞いた方が全然マシだと思います。いつ出すのか?の時期は就活生で悩む必要はなく、企業かだの指示を待って、それに従えば良いのですが、そのタイミングは企業によりけりということになりますから、覚えておきましょう。

 

そして、就活の目的は内定を取ることで、内定を取るにはナビサイトを使う必要があります。就活をする際に使うナビサイトに関しては、世の中にはいろいろなサイトがあり、知名度が高いものを使っている人が多いでしょうけど、あまり有名じゃないものの中にも優良なサイトがあるので知っておきましょう。例えば、「キミスカ 」はというナビサイトはメリットが特に大きいのです。このキミスカは学生が自分で企業を検索して気に入ったところにエントリーを送るという従来の形ではなく、企業側がキミスカに登録している学生の中から気に入った人材にスカウトを送るという形なのです。この特殊な形態のキミスカはある大きなメリットを生むことになります。普通ならば学生は自分が気に入った企業にエントリーし、そこを受けていきますが、企業側が自分を気に入るか?は分かりません。通常は多くの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、必要と思ってもらえなかった企業をたくさん受けてしまったことになるのです。

 

でも、キミスカは企業からのスカウトがスタートになるので、スカウトが届いたということは自分のことを少なからず必要だと、関心の高い人材だと思ってくれたということになり、その企業を受けるということをすると、自分への関心がすでに存在する企業を受けられるので、内定の確率が少しでも高い企業を受けられるのです。そこがキミスカのメリットということになります。また、キミスカではスカウトがきた企業を受けることで一次選考や二次選考をパスして受験できるということがあり、このときには非常に優位な状況を作ることができ、内定に近づくことができるのです。こういったところがキミスカを利用するメリットになりますけど、キミスカは今まで使っていたナビサイトがあればそれも使いながら利用することができるので、併用が可能というのはかなりの魅力です。そして、多くの就活生はこのキミスカを知りませんから、他のライバルに差をつけたい人にとってはかなり重要な存在になるのです。キミスカは絶対にスカウトが届くとは限りませんけど、自分のプロフィールページを魅力的に見せたり、充実させるなどの工夫をすると、スカウトが届く確率は上がります。無料の会員登録をすれば利用できますから、良かったら参考にしてみてください。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

 

 

あわせて読みたい記事