特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

就活で成績証明書はいつ提出?期限はいつまで?出せないケースや出し忘れたらアウト?

就活では成績証明書というものが必要になる場合が多いです。こういった書類はいつ出すのか?という部分が不明という人もいると思うのですが、特に言われていない限りは出さなくても良いと思います。どの段階で成績証明書を提出するか?は企業によって違うと思います。内定を出すまでには出して欲しいと言われると思うのですが、履歴書とかは早い段階で出すことを求められるものの、成績証明書はそんなに早い段階では提出を求められないケースが多いと思います。全ての企業がそうではないと思いますが、成績証明書はいつ提出するか?というのは、大きく2つのタイプの分かれると思います。1つは企業が大学での成績を重要視している場合です。この場合には本格的な選考を行っている段階ですでに成績を加味して合否を決める可能性があるので、早い段階で生成証明書を提出することになるかと思います。この場合には成績証明書はいつ提出するのか?というと、一次選考とかそのくらいになるかもしれません。

 

しかし、企業が大学での成績はあまり関心がない場合、選考の結果に成績を加味しないようなケースでは早い段階で提出を求められることはないんじゃないですか?この場合には成績証明書はいつ提出か?というと、内定を出す前になるかと思います。最終面接とかの段階でしょうか?成績証明書はいつまでに出さないといけないとか、そういう決まりはないと思います。あくまでも企業が何らかの参考にするためのものなので、企業が提出を求めたら出せば良いと思うのです。選考に通過していけばいずれは提出を求められると思いますから、基本的にはその段階で出せば良いと思います。企業から要求されていない段階で出す人もいるかもしれませんが、求められていないものを出すのは正直どうかと思います。いずれ提出する必要性があるのはその通りかもしれないが、企業にも都合があると思うので、基本的には成績証明書はいつ提出するか?については企業の指示に従うというのが良いと思います。ただ、成績証明書をいつ提出するか?の指示が出たとしても、成績証明書が出せないケースとかもあるかもしれません。その辺の事情はよく分かりませんけど、もし成績証明書を出せないケースがあって、そのときにすでに企業から提出を求められているというのであれば、その事情を説明すれば企業も理解してくれるのではないでしょうか?

 

就活では成績証明書が出せないことに関してはちゃんと訳を話しておけば理解をしてくれると思うのですが、成績証明書を出し忘れたとかになると話は別ですね。成績証明書をいつ出すか?というのは事前に言われている場合で、出すのを忘れたとかになってしまうとかなり印象が悪いです。事前に出せないことを言っておいた場合は問題ないで種けど、成績証明書をいつまでに提出するという期限を過ぎて、後から出し忘れに気付いた場合には、後から釈明と謝罪をするしかありませんが、企業からの評価は多少なりとも下がる可能性があるので、そこは知っておかないといけません。成績証明書はいつまで提出するか?は基本的には企業の指示に従うこと。そして、いつまで提出をしないといけないか?の期限はちゃんと守って成績証明書の出し忘れは避けるようにすること。こういったところが必要になります。それを行っていければ、成績証明書をいつ出すか?の問題は解決すると思います。勝手な判断で持って行くよりはいつ出せば良いのか?を聞いた方が全然マシだと思います。

 

 新卒の就職活動では分からないことが多くあると思うんですけど、1番はっきりさせておきたいことは採用基準です。新卒の就活において面接が1番重要なのは言うまでもありません。成績証明書によって合否に影響を与えている部分は少なからずあると思いますけど、やはり面接の出来が1番重要ではないでしょうか?そうなると、面接官が学生のどういったところを見ているのか?どういう部分を評価しているのか?どういう学生が受かるのか?などを知っていれば、その情報をもとに面接官から見て望ましい学生の姿を演じることができるので、内定の確率も上がるのではないでしょうか?本書は新卒の就活における面接官が見ているポイントに焦点を当てて、主に5つの観点から評価ポイントを設定しています。人間力、仕事力、表現力、就活スキル、プラスαにいたる項目別に面接官がどこを見ているのか?どこをチェックしているのか?どういう学生を欲しいと思っているのか?の情報が分かるので、そこから逆算をして、面接官に評価されるための面接対策をしていけば良いとなります。こういった情報を知らない就活生も多いですから、本書を読むとライバルに差がつく可能性もあると思いますし、内定を取るための確率を少しでも上げたいならば、参考にしてみると良いのではないでしょうか?

 

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

 

 

あわせて読みたい記事