読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

就活などの面接の長所で明るさ、明るくて元気、笑顔で明るいなどのアピールは有効!

就活などでは面接で長所を聞かれることも多いと思いますけど、そういったときには何を答えれば良いのか?迷う人が多くいると思います。面接においての長所は難しく考えることはないと思います。自己PRよりは簡単ですから。また、面接においての長所のポイントとしては面接をしているときに、面接官がそれを実感できるというものが良いと思うのです。これはどういうことか?というと、その学生が話した長所が面接中に、面接官にとって「これは本当だな」と思えるものだと信用が上がるでしょう。面接での長所では明るさとか、笑顔というものがあると思いますし、それを話す人がいると思うんですけど、こういったものは面接中に面接官がそれを実感できるものでしょう。例えば、話し方から明るさなどが実感できると思いますし、表情から面接で長所どおりに笑顔が素敵か?どうかも分かると思うのです。だからこそ、面接における長所ではこういったものはおすすめと言えると思います。

 

本人にとってそれが本当に長所になると思えないならば、こういったことは話さない方が良いと思いますけど、長所になるという自信があるならば話して良いと思います。面接での長所で明るさというのは如実に判断ができるものです。この学生はちょっと暗いなとか、この学生は明るく元気だなとか、そういった感覚は面接官にも芽生えるはずです。そういうところを踏まえて、面接での長所で明るさや元気な部分をアピールすると良いのではないでしょうか?多くの長所は面接官から見て直接判断はできません。面接を受けている人の話を聞いて、その内容から信憑性を含めて判断しないといけないのですが、面接での長所で明るさなどをアピールしたら、その面接風景のみで判断できるものなので、面接官がそう思えれば、かなり信用力を得られると思うのです。面接の長所で明るい部分はいろいろな人が言ってくる可能性もありますけど、明るいことはイメージ的に良いんですよね。自己PRではないので、それが直接何かに生きるとか、そういったことまで説明する必要はないので、単純に面接での明るく元気というアピールは功を奏することもあると思います。長所っていうのは誰にでも言えそうなことでも良いと思うんですよね。

 

面接における長所では明るく元気とかは学生らしくて、若々しくて良いアピールになると思うので、是非使ってみてほしいと思いますが、先ほども言ったようにあくまでもそのアピールに自信がないとダメです。例えば、面接での長所で笑顔をアピールしても、面接で緊張のあまり顔がひきつっていたりしたら、ちょっと説得力がないですから。明るく元気な点とかもそうなんですけど、自分で1度面接の練習とかをして、ビデオとかに撮って、それを見て、これは面接での長所で明るくて元気な点をアピールしても大丈夫そうだと、面接官にも納得してもらえそうな雰囲気があると思えた場合だけにした方が良いと思います。面接での長所で明るさとかはそれ相応の雰囲気がないと正確に伝わらないですから。就活などの面接での長所で明るいところをアピールするには、自分がそういう人間だと面接で発揮できることが最低条件であり、そう見えることが必要になるので、周りの人間にも見てもらって評価してもらうと良いと思います。

 

新卒の就活をやっている方は多くいると思うのですが、そのときに内定を取る確率を上げるためには、面接官がどういう学生を欲しがっているのか?面接ではどういうところを主に見ているのか?を知らないといけません。面接での長所で笑顔や明るさなどをアピールするのも有効な1つの手かと思いますけど、それ以外に面接官が採用のときに使う基準や評価ポイントなどの情報を知っていると、かなり有利になるでしょう。というのも、面接対策の時点から面接官から見て欲しいと思えるポイントを考慮して回答内容や面接での態度、仕草を考えていけば良いわけですから。逆算して面接官から見て好意的な人間を演じれば良いのです。特に新卒採用の面接における採用基準、どこを主に面接官は見ているのか?どこを評価しているのか?についてまとめたのが以下のような本になりますから、多くの人におすすめしたいと思います。こういう採用基準や面接官が見ているポイントなどの正確な情報は多くの就活生は知らないと思いますから、こういった情報を手に入れて、面接対策をして、面接に臨むだけでもライバルに差がつくことになります。内定を取るため、面接において少しでも評価されて、通過率を上げるために、良かったら参考にしてみてください。

 

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

 

 

あわせて読みたい記事