特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

難易度の高い国家一般職の教養と専門は何割とれば良い?筆記のボーダーや最低合格点は?

国家一般職の教養試験と専門試験はそれぞれ何割くらいとれば良いのでしょうか?国家一般職は傾斜配点が採用されており、専門試験の方が配点が高いです。2倍くらいあると思います。したがって、全体の点数でボーダーを越えるには、専門試験で稼げた方が良いとなるのです。しかし、国家一般職は教養試験も足きりを越えないといけませんから、それなりの点数は必要でしょう。国家一般職の教養と専門は何割くらいとれば良いのか?については、教養は最低5割くらいはとっておきたいと言えるでしょうか?足きりを越えるならば、もっと少なくても良いかもしれませんが、その分専門試験でもっと点数をとらないといけなくなります。国家一般職は教養試験の出題数で一般知能が27問、一般知識が13問と、かなり偏った出題傾向になっており、人によっては点数がとりづらいです。しかし、国家一般職の教養では5割を目安にしてもらえるととりあえず良いと思うんですよね。

 

国家一般職のボーダーを超えるためには、国家一般職の教養は何割とれば良いのか?足きりを越えつつ、一次試験を通過するには教養試験は5割くらいはほしいです。そして、仮に教養で5割をとったとなると、国家一般職の専門では何割とれば良いのか?となりますが、こちらは最低7割くらいでしょうか?傾斜配点があるので、国家一般職の教養で5割しかとれないとしても、専門で7割以上とれれば大分状況は変わります。国家一般職のボーダーは地域とかにもよると思いますけど、傾斜配点を考慮に入れて、教養が5割、専門が7割で通る可能性が結構あるのではないか?と思われます。国家一般職の合格最低点のようなものは正確には分かりませんけど、こういう感じで実際の点数をとっている人は割といると思うんですよね。教養試験が苦手な人は、現実的に国家一般職の教養試験を伸ばすのは難しいです。成績が伸びづらい一般知能の問題が多くを占めていますし、おまけに問題のレベルも高いですから。だからこそ、そういう人は国家一般職の専門試験に力を入れるわけです。国家一般職は傾斜配点なので、そういうやり方もある意味戦略的と言えると思います。実際、専門試験の方が点数は伸ばしやすい科目が多いですから。国家一般職の専門の難易度は高いですけど、教養試験に比べたら全然取り組みやすいと思います。国家一般職の専門試験は何割くらい必要か?というのは、教養試験の点数でも変わりますけど、7割以上が1つの目安になると思います。

 

国家一般職の教養の難易度は本当に高いですからね。なかなか点数は伸ばしづらいです。教養試験が得意な人は教養を伸ばしても良いんですけど、傾斜配点の専門試験の勉強が疎かになると落ちる可能性が高いです。実際、国家一般職の場合には教養7割、専門5割だと落ちると思います。傾斜配点の部分を考慮して勉強していかないといけないので、専門試験が苦手な人にとっては国家一般職の難易度は相当になります。国家一般職の筆記のレベルは教養も専門も高いですけど、より痛手になるのは傾斜配点が採用されている専門試験が苦手という場合ですね。だから、国家一般職のボーダーを越えるには勉強時間としても専門科目の方に傾斜していかないといけないかもしれません。国家一般職の教養の足きりを回避しつつ、無理のない点数をとるのであれば、教養試験を5割以上、専門試験を7割以上とれれば、筆記試験は通過できる可能性はあります。しかし、二次試験以降のことを考えると、ギリギリ通過だと最終合格が難しくなるので、国家一般職の筆記試験はできればもっと点数をとってほしいところではあります。国家一般職のボーダーを越えるだけではなくて、最終合格を念頭に置くのであれば教養が5割、専門が7割だとちょっと足りないかな?という気がします。国家一般職の難易度はとても高いですし、国家一般職の筆記試験の問題のレベルも高いですから、簡単に受かる試験種ではないですけど、まずは筆記試験を越えないといけないので、国家一般職の教養は何割?専門は何割とれば良いのか?を考えるときには、1つの目安にはなるかな?と思います。

 

国家一般職の筆記試験は教養試験も専門試験もとてもレベルが高いです。だから、その試験に打ち勝つには、国家一般職の過去問をどれだけやれるか?が鍵です。実際、国家一般職に限りませんけど、公務員試験の筆記試験は過去に出た問題と類似の問題が本当によく出やすいので、過去問を1問でも、1年分でも多くやっていれば、それが本番の点数を1点でも上げる力になることがあります。問題のレベルが高い国家一般職の筆記試験に通過するには、とにかく過去問をバッチリやって、国家一般職の問題のレベルに慣れつつ、本番でも出る可能性もある問題の知識を詰め込んだり、本番で出る可能性のある問題の解き方や考え方を学ぶことが必要でしょう。したがって、ある程度の時期になったら、以下のような国家一般職の過去問をやっていきましょう。あまりに早い時期からやらなくても良いですけど、直前過ぎてもダメだと思います。過去問は1度やっただけで終わりではなく、やってできないところをその後集中的に補強する作業、できない問題を何度もやってできるようにする作業が必要になるので、結局何周かはする必要があるので、ある程度余裕を持って、早めに取り組んだ方が良いのです。国家一般職の過去問は教養試験と専門試験を早くから両方やっておきましょう。

 

 

あわせて読みたい記事