読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

新卒の民間の就活で頻出の質問とは?よく聞かれること、よくある質問の代表例と答え方、考え方の例

民間企業での最終面接では、緊張もあるでしょうし、あと一歩という期待もあるのではないでしょうか?最終面接はほとんど採用が決まっているケースもあれば、ここでもそれまでの面接と同様にきちんと学生の様子や言動を確認して、採用か?不採用か?を決めるというケースもあるでしょう。だから、最後まで気は抜けませんよ。そして、最終面接を受ける前に面接対策をしていかないといけません。最終面接は1社だけじゃなくて、これから何社も受けていく可能性がありますから、それまでの面接とは違う、最終面接独自の対策をしていくと良いと思います。就活における最終面接はそれまでの面接と聞かれることが違うこともよくあります。最終面接でされる独特の頻出の質問もあるでしょうから、そういったことも一緒に確認をして、最終面接の対策をしていくと良いでしょう。では、民間企業などの最終面接では何を聞かれるのでしょうか?新卒の最終面接でよくある質問とは何でしょうか?

 

最終面接で頻出の質問というと、それまでの面接にももしかしたらあったかもしれまえんが、意思確認に近い質問です。例えば、「当社が内定を出したら、入社をしますか?他社の選考を断り、就職活動を終了してくれますか?」などです。こういった質問は今はオワハラなどと言われていて、一部で問題視されていますが、企業としてはオワハラだろうがなんだろうが聞いてきますよね。それは企業にとって、採用活動にとって、欠かせない質問だからです。でも、学生がこれに真面目に本心で答える保証はないので、聞いても意味があるのか?と思わないでもないですけど。それに入社すると答えて、後からやめた!と言っても、法律上は問題になるケースはほとんどないでしょうから。だから、最終面接でこの質問を受けたら、少なくとも「入社しません」とか、「分かりません」と答える必要はないのです。基本的には「はい」と答えた方が良いんでしょうね。嘘でも良いので。内定が欲しいならば「はい」と答えるのが1番だと思います。ここで「考えさせてください」とか、「検討したいのですが・・・」と言うと、第1志望ではないのか?と疑われたり、入る可能性は少ないと見なされて、内定が出ない可能性もあります。

 

そして、入社可能性が高そうな別の学生を採用しようと思われるかもしれません。だから、最終面接で、内定を出したら入社していただけますか?といった質問をされたならば、即答で「はい!」と答えて、入社意思があること、第1志望であることを即座にアピールすることが大切になります。仮に後で内定辞退をすることになっても法的には問題ありません。それでも確実に内定が出るか?どうかは分かりません。最終面接の倍率にもよりますし、最終面接で他の学生がどういう風に答えてか?どういう面接を行ったのか?が分かりませんから。あくまでも最終面接で聞かれることのうちの代表的な質問を挙げただけなので、この質問のみしかされないということもないでしょうし、これだけで結果が決まるわけでもないのです。これ以外にも最終面接でよく聞かれることはたくさんあります。改めて最終面接で志望動機や自己PRなどを聞かれることもあると思いますから、だから、最終面接で頻出の質問だけではなく、それまでに聞かれたあらゆる質問に対応できるように、新卒の就活での最終面接の対策をしていくと良いと思います。新卒の就活であればこれはよく聞かれる質問になると思いますから、最も対策をしておくべき最終面接での頻出の質問になるかもしれません。

 

新卒の就活での最終面接で聞かれること、よくある質問は他にもあると思いますから、それらも一緒に本番までに閣員をして対策をしていけると良いでしょう。最終面接の対策はよくある質問などの対策以外でも必要なものがあると思います。最終面接ではそもそも企業側の学生を見る目が、それまでの面接とは違う可能性がありますから、そこにまず注意をすることが大切です。最終面接を迎えるにあたって知っておくべきこと、注意すべきこと、いつもの面接と違うこと、どうすれば受かるのか?内定が貰えるのか?その秘訣などが以下の本にも書かれています。kindle本なので、かなり安いです。タダ同然の値段です。最終面接で内定が欲しいならば、最終面接の心得を以下のような本で事前に学習しておくと良いかもしれません。良かったら参考にしてみてください。

 

 

あわせて読みたい記事