読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

学校事務になるには?難易度は?なりたい人は面接の倍率の低い自治体が狙い目?

学校事務として働きたいと思っている方も非常に多いのではないでしょうか?学校事務になるには?どうしたら良いのか?難しいのでしょうか?学校事務は人気の職業です。公務員ではありますけど、市役所職員とは別枠で募集されることになります。学校事務の一次試験の筆記の教養試験などの倍率はそこまでではないでしょうけど、学校事務は二次試験の面接などの倍率がある程度重要になるとされています。市役所職員は市役所で働くことになりますが、学校事務は学校で働きます。小中高で働くことがメインになりますが、学校事務の採用試験は各都道府県や市町村で行われており、他の公務員試験と同様に筆記試験と面接試験がメインになります。そこで、学校事務の採用の難易度はどれくらいになるか?ということですが、これは倍率によっても結構変わってきますから、一概には言えません。比較対象として市役所職員を挙げても、それより高い場合、低い場合があるので、ケースバイケースですし、受ける自治体によるとしか言いようがありません。学校事務の採用試験の倍率は低いところは5倍以下、高いところはそれこそ何十倍ということになっています。試験の内容も自治体によって変わる可能性があり、それも学校事務の難易度に影響を与えると言えるでしょう。

 

学校事務になるには?それでは学校事務の採用試験の内容はどうなっているのでしょうか?何をやるのでしょうか?一般的な学校事務の採用試験の内容は一次試験が教養試験の択一試験と論文支援(作文試験)になるでしょうか。そして、二次試験が面接試験や適性試験になると思います。それ以外にもグループディスカッションやグループワークなど、民間企業の就職活動でやっているような試験を課す可能性もあります。したがって、バリエーション豊かな試験が課される可能性もあるので、学校事務になりたい方は自分が受けたいと思っている学校事務の試験案内を早くからチェックして、どういう試験をやるのか?を知っておいた方が良いです。そのためには受験する自治体を早めに決めておいたほうが良いということも言えますけど。学校事務の場合には倍率がまず大きく合否を左右するでしょうから、あまりにも倍率が高い自治体、過去の試験結果を見れば分かると思いますけど。あとは募集人数があまりにも少ないところは倍率が上がりやすい傾向にもあります。学校事務の倍率はまず気にしないといけないでしょう。したがって、学校事務の中でも受かりやすいところ、受かりにくいところ、難しいところの見極めがまず大切になります。

 

そして、学校事務の難易度を象徴するのは面接の倍率でもあります。学校事務の筆記試験は教養試験と論文(作文)がメインになりますから、そこまで難しくはないでしょう。択一試験も教養のみなので、対策も時間はかかりづらく、学校事務は教養試験の難易度もそこまで高いとは思えません。だから、客観的に見れば、学校事務の筆記試験は難しいとは言えないかもしれません。しかし、面接は対策自体が難しいですし、面接官との相性や何を聞かれるか?の運要素も大きく、評価する基準もよく分からないため、ある程度運に頼らないといけない部分もあると思います。面接の倍率が高いところは、それだけ運がないと受からない側面もあるため、それだけ難易度が上がるでしょう。つまり、学校事務の中でも面接重視の自治体は倍率が高いでしょうし、面接の配点も高いでしょう。だいたいの学校事務は人物重視っぽいですけど、面接の配点が高い、そして学校事務の面接の倍率が高いところは、面接が大の得意な人以外はかなり厳しいと思うので、そこも受ける自治体を決めるときに考慮すると良いと思います。

 

 学校事務になるには、まずはどの自治体を受けるか?を決めないといけないので、そのときには以下の本を参考にすると良いと思います。全国の公務員試験の学校事務の採用試験に関する情報がまとめられているので、日程などを含めてどういうところで受けられるのか?いつ実施するのか?どういう採用試験になっているのか?などの内容の詳細が分かるでしょう。学校事務の試験を受けることは決めていても、受験先をまた完全に決めていない方は、併願先も併せてこういった本を参考にすると良いと思います。また、学校事務の仕事内容や魅力、やりがいについて理解をするならば、2冊目がおすすめです。これはすでに、過去に学校事務として働いていた方が自身の仕事のやりがいや魅力、大変さなどについて解説してくれていて、学校事務の面接対策をする際に役立つ可能性があります。志望動機を考えるときには、学校事務の仕事内容ややりがい、魅力などについて理解していないと考えるのは難しいでしょうから。学校事務になりたい方は筆記試験の勉強もそうですけど、学校事務の面接対策もやらないといけませんし、そのときにこういった本が参考になると思います。学校事務は筆記試験の教養試験の難易度や倍率は高くはないでしょう。論文の試験も難易度はそれほどではないと思うので、対策をすれば通過する可能性は十分あると思います。そして、学校事務の面接の難易度は倍率次第では一気に高くなるので、気をつけた方が良いです。学校事務は人物重視、面接重視と言えますから、面接対策では以下の2冊目が特に役立つと思います。良かったら参考にしてみてください。

 

学校事務公務員試験 早わかりブック 2017年度

学校事務公務員試験 早わかりブック 2017年度

 
学校事務職員という仕事・生き方―キャリア・ステージごとの悩み、学び、成長

学校事務職員という仕事・生き方―キャリア・ステージごとの悩み、学び、成長