読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

財政学の難易度は低い?勉強法や対策は?計算問題は捨てて良いかも

その他勉強方法全般

公務員試験の財政学は、経済学の中で難易度は低く、少しはやりやすい科目かもしれません。財政学はスーパー過去問ゼミでいえば、トピックは20くらいなので、そこまで多くはありませんが、人によっては半分くらいしかやらない人もいます。それは別に半分を捨てているわけではなく、半分程度で済んでしまうからです。というのも、財政学は、財政学独自の範囲というのは、全体の半分くらいしかないからです。財政学は、いろいろな分野を含んでいるのですが、その中には別途やっているマクロ経済、ミクロ経済の範囲が含まれており、そこをすでにやっている方は、財政学の該当箇所はやりません。厳密に言うと、範囲が被っているので、出る問題も全く同じとは限りませんから、財政学の中のマクロ、ミクロの範囲のところもやっておいた方が、正答率は上がる可能性はあります。だいたい、その被っている範囲というのは、計算問題が多いかな?という印象です。

 

マクロはともかく、ミクロは計算問題がやはり多いですし、ミクロ経済に慣れている方は、特に問題ないかもしれませんけど、ミクロを捨てていたり、苦手な人は、その計算問題に苦戦する可能性もあります。ミクロは7~8割くらいが計算問題という印象です。ただ、財政学は計算問題はそこまで多くはないと思うのです。文章題みたいな問題も多々出ます。計算問題は4割くらいですかね?つまり、そんなに多くないです。ミクロ経済は計算問題のオンパレードであり、かなり大変な科目です。ただ、財政学はそこまで多くないですし、仮にマクロとミクロをちゃんとやってきたというのであれば、底の範囲は飛ばしても構わないと思うので、計算問題を新たに勉強することはあまりありません。ミクロを捨てていたり、苦手という方であれば、まだ未知の計算問題が残っていますが、計算問題アレルギーがあるという方であれば、最悪捨てるということも可能です。財政学全部を捨てるのではなく、財政学のうち計算問題の部分だけを捨てるということはまだ可能だと思います。

 

財政学は、計算問題を捨てたとしても、他の科目を満遍なくちゃんとやれば、合格点に届かせることは可能だと思います。試験種によっては、経済科目を選ばないということも可能なので、戦略によってはミクロとか、財政学の計算問題を全て全てやらないという考えもあながち間違いではないと思います。私は経済学苦手ですが、マクロ経済はまあまあ理解できました。財政学の文章題はもちろんですが、財政学の計算問題については、分かるものもあれば分からないものもありましたね。ミクロ経済に関しても同様で、分かる問題と分からない問題が顕著で、分かる問題だけをやりました。財政学についても計算問題のうち、分かる範囲だけをやった感じです。だから、計算問題を全て捨てるのではなく、分かるところがあれば、そこは少しでもやってほしい気もします。それが無理な場合は計算問題を全て捨てて、それ以外の部分をちゃんとやる。それ以外の科目をちゃんとやるということを徹底していくと良いでしょう。財政学は、マクロ、ミクロがある程度できる人にとっては、勉強量を大分削減できて、範囲をカバーすることができるので、やはり有利なんです。そして、経済学は出題数も多いですから、得意な人は有利になります。

 

ちなみに財政学の問題集、テキストは、古いのではまずいので、ちゃんと最新のを買ってください。最新以外のを買うと、問題としてである可能性のあるデータ部分(予算の内訳など)が出題年度と違うデータで覚えてしまう可能性があり、それでは意味がないので、ちゃんと確認をして試験を受ける年の前年に出ているものを選びましょう。スーパー過去問ゼミであれば、毎年前年の12月あたりに最新のものが出るので、きちんと確認をしてテキストなどを買っていきましょう。

 

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 財政学 改訂版

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 財政学 改訂版

 

 

 ちなみにマクロ経済とミクロ経済が苦手な方は以下の参考書がオススメです。私も使ってみましたが、非常に分かりやすく、他のものと比べても苦手意識が消えていきますね。初心者でも分かりやすく、丁寧な説明とレイアウトになっており、この参考書を元にした講義動画がYoutubeにアップされており、「石川秀樹 マクロ経済」、「石川秀樹「ミクロ経済」等で検索すればヒットすると思います。参考書を見ながら、動画を見ると、確実に理解をしていきやすいです。まるで予備校でやってくれるような講義が無料で、公務員試験で必要な範囲全部見られます。マクロ、ミクロに分かれていて、かなり量も多いので、是非ご覧になってほしいと思います。経済学が苦手な方、マクロ経済、ミクロ経済が苦手な方にとっては、本当に分かりやすい参考書と動画だと思うので、良かったら参考にしてみてください。

 

試験攻略入門塾 速習!ミクロ経済学

試験攻略入門塾 速習!ミクロ経済学

 
速習!マクロ経済学―試験攻略入門塾

速習!マクロ経済学―試験攻略入門塾

 

 

あわせて読みたい記事