読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

市役所、国立大学法人など教養試験のみの公務員試験の予備校

公務員試験を受ける受験生の中には教養試験のみの試験種を受けるという方もいると思います。例えば、市役所や国立大学法人などです。これらは割と後半の日程にあるため、勉強するのが遅れても科目数も少ないですから、間に合う可能性もあります。そして、彼らの中には予備校で勉強するケースも多く、予備校を利用して筆記試験の対策を万全にしてから実際の試験を受けるという方もいます。予備校に通わないと無理ということはありませんが、苦手科目が多い場合には、それが足を引っ張って筆記試験も受からないということが考えられるので、万全を期すためには予備校に通うというのも良いでしょう。大学生や社会人で働いている方など、教養試験のみの試験種を受けるときにでも予備校に通っている方はたくさんいますから。教養試験のみの授業を受けられる予備校もありますからね。

 

今の予備校はかなり進化していて、便利な点が多くなってきています。例えば、わざわざ校舎に通わなくても良い予備校が多くなってきています。従来は予備校の校舎に通って、そこで授業を受けていましたよね。今はそういう受験生もいますが、それと同時にインターネットを活用した授業を受けている受験生もとても多くなってきています。インターネットから授業を受けられる予備校のメリットとしては、やっぱりしっかりと勉強ができるという点が大きいのではないでしょうか?予備校に何のために通うか?というと、勉強をするためです。ただ、公務員試験を受けるのは大学生が多いと思いますが、普段は大学に通っているので、どうしても大学の授業をまず優先しないtいけませんその空いた時間や終わってから予備校に通わないといけないので、どうしても出たい授業、出ないといけない授業に出られない日というのが存在してしまいます。大学生の多くはこういった悩みを抱えているのです。それがインターネットの力によって解決できるのです。

 

例えば、「クレアール公務員カレッジ」といった予備校はインターネットから授業が受けられるわけですが、インターネットから授業を受けるってどういうことか?というと、簡単に言うとYoutubeのような動画を見ながら学習をするというスタイルです。予備校の校舎に通って授業を見るか?家の中からパソコンなどを通じて授業を見るか?の違いですが、1番大きな違いは、前者はスケジュールが決まっていて、それに合わせて自分が予備校に行かないといけませんから、それに合わせられない場合には授業を見られません。ただ、後者はインターネットから授業を聞くので、インターネットは24時間いつでも使えますから、24時間いつでも予備校で授業を聞けるという状態に等しいのです。24時間いつでも良いのであれば、さすがに時間を作れますし、問題なく出たい授業、出ないといけない授業を見られます。そして、場所も特に固定されないで済みます。予備校の校舎だけではなく、自宅、会社の中、大学の中、それ以外の場所、ネットがつながるところならどこだって構いません。そういうメリットもついてくるのです。

 

特にこのクレアールはそういった特徴を持った予備校になりますが、さらにオススメなのは、音声ファイルのダウンロードができるということです。これは講義の内容を音声だけにまとめたもので、音楽プレイヤーなどに送って、それらを利用して音声のみを聴くことが出来ます。これは一体何の役に立つのか?というと、例えば満員電車の中です。通勤、通学の中でさすがにスマホやパソコンを広げて映像を見ながら学習するのは厳しいかと思われますが、イヤホンを耳に挿して音声だけを聴くのであれば、満員電車でも可能でしょう。そういう通勤、通学の時間であっても、数十分から1時間くらいはかかるケースが多いと思うので、その時間に勉強をするか?何もしないで過ごすか?という違いが生まれます。それが1年間くらい積み重なると、その時間を利用して音声だけでも勉強している人、何もしない人で学力にも大きな違いが出てくるでしょう。合格したいならば、そういう貴重な時間も少しでも勉強に役立てたいとする姿勢が必要なのかもしれません。空いているときにはスマホを見て音声も聴きながら勉強すれば良いですし、参考書やテキストを見て勉強しても良いですが、満員電車のときには諦めて、何もしないのではなく、そういった方法でも勉強していけると良いでしょう。

 

そういったクレアールに通っていない受験生は決してできないような効率的な、時間を有効に使った勉強法ができるという点は、1つメリットになるでしょう。このクレアールは費用面でも優れていて、実際にページを見てもらえればお分かりいただけますが、他の予備校と比べても授業料が大分安くなっています。教養試験のみの試験種、国立大学法人、市役所、警察官、消防士などを目指している方にとっては、すでに示したような大学生、社会人が抱えそうな問題点を払拭してくれていて、かつクレアールにしかないメリットもあります。これから予備校に通いたいと思っている方には、1つオススメしたいと思います。クレアール自体について、クレアールの授業内容や利用方法について、そしてどういうコースがあるのか?どういう料金体系なのか?などについてはホームページや資料請求をしてご覧になれます。資料は公務員試験講座に特化したもので、無料で請求できますから、予備校選びで失敗したくない方、クレアールが気になっていて、もっと詳しく知りたい方は是非参考にしてみてください

 

資格★合格クレアール バリュープライスで資格試験の合格を目指せる通学・通信講座

 
あわせて読みたい記事