特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

警察の事務の志望動機が思いつかない方に考え方の例を教えます

警視庁や都道府県の県警は毎年事務員も多く募集しています。事務の仕事を行う職員は、警官と比べると募集人数は多くないですが、警視庁ということもあって、他よりは多いですね。ただ、この警察事務の志望動機は、ちょっと難しいところもあるかもしれません面接になれば、間違いなく質問されるポイントになると思いますが、この警察事務の志望動機はどうやって考えれば良いのでしょうか?警察官と比べると地味というか、事務なのでそんなに志望動機に盛り込ませやすい仕事内容があるわけではないので、やっぱり志望動機を作るときには難しいのです。ただ、よく考えたら別に警察事務の仕事って、別に警察官ととかく変わるわけではないです。厳密に言えば違いますが、どちらも市民の安全のために日夜活動しているわけですから、細かい仕事内容が違うだけです。現場で活躍するか?見えないところで裏方のような仕事をするか?の違いでしかありません。警察事務の人がいないと成り立たないのが警察官の仕事ですから。

 

おまけに警察官の方も、事務に近い仕事を擦るケースもありますし、皆さんが想像しているような派手な仕事ばかりをしているわけでもないのです。だから、警察事務の志望動機としては、警察官に当てはまることであっても別に良いと思います。役割が違うだけ、つまり任される仕事の違いによって区分が違うというだけですから、達成すべき目的は一緒なわけです。だから、警察官の志望動機をそのまま警察事務に使っても良い場合があると思います。例えば、「子供の頃に自転車を盗まれて、警察官に相談したら、無事に返ってきたことがあり、そのときの警察署の方々にお世話になったことをきっかけにして、自分そういった形で市民の役に立てるように働きたいと思った」といった志望動機があったとします。この志望動機は警察官の方にも十分通用すると思いますが、警察事務であっても通用するのではないでしょうか?ケースバイケースかもしれませんが、盗難の被害に遭った場合、それを解決するために動いているのは警察官だけじゃないですよね。事務の方もいろいろと手回してくれていると思いますし、努力してくれているはずです。

 

それが市民の側からすれば観察しづらい。見えづらいというのはあるものの、或る事件1つにしても、動いているのは警察官だけではありません。事務の方もきちんと協力してくれているはずです。そうなれば、警察官の志望動機は、多くの場合、警察事務でも使える可能性があるということです。盗難の被害の解決のために、それぞれやっている仕事は違うものの、解決のタメに尽力してくれている点は一緒ですから。だから、ある程度警察官の志望動機にも当てはまりそうな志望動機でも構わないのではないか?と思います。そんなに警察官との差別化をしないといけないものではないと思います。警察組織の中の一員になるときの志望動機と考えた方が良いかもしれません。そして、何で警察官ではないのか?と聞かれる可能性もあります。そのときには、自分が警察官よりも事務の方が向いている理由を話せば良いでしょう。過去の経験や自分の長所などを踏まえて、警察組織の中の一員になるときに、警察官よりも事務の方がより市民の安全に貢献できるという理由を持たせれば良いのです。つまり、過去の出来事から警察への憧れや警察組織で働きたいという思いを持った。そして、より警察事務の方が自分には向いているという2つの理由から、警察事務への志望動機を話すと良いと思います。

 

警察事務の面接は、警察官の面接と同じわけではないと思いますが、似ている箇所もたくさんあると思います。そういった点を踏まえて、面接対策をしていきましょう。一次試験に受からないと面接にはたどり着けないので、まずは筆記試験の勉強を頑張ってやっていき、一次試験に受からないといけません。そして、二次試験では志望動機などを含めた面接対策をやっていくと良いと思います。そのときには以下のような参考書が良いのではないでしょうか?警察事務についての面接対策本はあまりないので、なかなか市販の参考書で警察事務の対策をしていくのは難しいです。共通点も多々あると思うので、警察官採用の面接対策本を使用して行くのが良いかもしれません。警察事務でも役に立つことがあるでしょうし。警察関連の面接対策本としては、アマゾンでの評価も結構高いので、良かったら1度ご覧になってみてください。

 

面接指導のカリスマが書いた!警察官採用試験面接試験攻略法

面接指導のカリスマが書いた!警察官採用試験面接試験攻略法