特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

警察官の面接で嘘は良い?違反歴や補導歴はどう答える?

警察官の面接はいろいろな質問がされると思うので、簡単には答えられない、または答えづらい質問があるでしょう。その中で嘘をついても良いのか?という話になります。質問にもよりますけど、嘘をつくというのは、基本的には本人にしか分からないものですよね。だから、嘘をついたところで、それが何か問題になることは通常はないと思いますが、質問にもよるかもしれませんね。志望動機とかは、嘘をつくというか、誇張をしたりするケースは多々あると思います。無意識のうちの嘘をついていることもあるかもしれませんし、全く嘘をつかないで面接をやりとおせる人というのもそうはいないでしょう。面接官としても受験生が全く嘘をつかないとは思っていないでしょうし、全部正直に答えるのが適当とも思っていないのではないでしょうか?調べたら分かる嘘が中にはありますよね。例えば違反歴とか、補導歴とかです。こういったものは調べたら恐らく分かります。調べているのか?は分かりませんけど。

 

違反歴がある程度警察官の採用試験で重要になってくるのはあるようです。実際、面接でも聞かれる可能性があると思いますから。そういった質問はし食べたら真実が分かってしまうと思うので、嘘をつく意味はないです。というか、嘘をつかずに正直に話していればそんなに影響はなかったのに、嘘をついたがために、それがバレて信頼を失い、不採用となるのがもったいないです。違反歴について嘘だと分かれば、恐らくその時点で不採用になってしまうのではないでしょうか?違反歴については、正直に答えるのが辛くても嘘はつかない方が良いです。違反歴などの問題は事実なので。調べたら分かりますから。問題は本人の気持ちに関しての問題です。例えば、志望動機といった質問です。こういった質問は嘘をついていても調べようがありません。だから、嘘をつくという表現が適当か?どうかは分かりませんが、作ることも可能でしょう。というか、多くの人は多少は作っているでしょうから。

 

したがって、嘘をつくのは望ましくないのか?と言われると、事実として存在するものは嘘をついてもばれますし、違反歴などを隠すことは一般的にいってよくないので、望ましくないと言えるかと思います。ただ、志望動機などの気持ちの部分に関して言えば、そもそもどこからが嘘か?というのは周りも自分もよく分かっていないでしょう。面接官としても志望動機が、安定しているからとか、なんとなくとか、そういった本音をそのまま答えられても困ると思います。そういう志望動機の人が=警察官として相応しくないか?どうかは別としても、面接官として印象がよくない志望動機は不合格になりやすいというのはあるので、そういうやり方がそもそも警察官採用のやり方として適切か?どうかは分かりません。そもそも警察官として相応しい人物って、どんな人か?それは警察官自身にも答えは出せないでしょう。それぞれ理想の警察官像はあるでしょうけど、それが正解といえるものでもないでしょうからね。

 

つまり、嘘をつくつことが直ちに悪いことか?というと、そうは思えないのです。違反歴などは嘘をついてもすぐばれると思うので、つく意味がないのですが、そもそも調べればすぐに分かることをいちいち面接で聞く意味も分かりませんけどね。嘘をつかない人間か?どうか確かめているのでしょうか?嘘をつかない人間なんているのか?とも思いますが。嘘をつくことを警察官の採用側がダメだと思っているのか?は分かりませんが、嘘をつく=警察官として不適格とは断じることは難しいでしょう。警察官は誰も嘘をつかないし、どんなときでも嘘をつくべきじゃないと、どの警察官も思っているとは思えないのです。大切なのは仕事を全うすることでしょうから、警察官を志望し、警察官になれたならば、職務を全うすることが1番であり、職務上の嘘はともかくとしても、1人の人間として嘘をつくことが問題か?というと、本当にそうでしょうか?実際、本音をそのまま答えても受からないとしたら、少なくとも偽った志望動機等じゃないとダメだと言っているに等しいですからね。志望動機などを全く偽らないで合格した人が果たしてどれだけいるのか?という問題もあります。本当に警察官に相応しい人物が面接で選べるのか?というのも疑問ですから。受験生からしても全く嘘偽りなく面接をこなすのが正しいと思っている人も少ないのではないでしょうか?

 

 

面接指導のカリスマが書いた!警察官採用試験面接試験攻略法

面接指導のカリスマが書いた!警察官採用試験面接試験攻略法