読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

公務員試験の内定辞退のやり方は電話?上手い断り方や理由は?

公務員試験で内定を複数貰い、そこかを辞退しないといけない場合も出てくるでしょう。公務員試験の場合はある程度試験の日程が集中しているので、辞退をする場合にはある程度早くできると思うのです。ただ、辞退をするときには、良い断り方はないのか?考えているという方もいるでしょう。良い理由はないのか?と考えている方もいるかもしれませんが、はっきり言ってその必要はないです。公務員試験は別にどんな理由であろうと、相手が怒るなんてことはないでしょう。民間企業では、たまに事件になることもありますけど、公務員でそれをやったら本当に大事件です。国民からの信頼は失ってしまいます。おまけに公務員試験はどこを受けても、ちゃんと募集人数よりも多めに合格させて、蹴られることを想定していますから。民間企業だと、たまにそういう想定をしていないところもあるみたいですけど。想定をしないで、1人でも蹴られると困るような企業が、実際内定辞退をすると怒ったりするのです。公務員の場合はどこを受けてもちゃんと採用予定者数よりも多めにとりますから、問題ありません。

 

したがって、内定辞退をする理由についても、正直に話してしまって問題ありません。向こうも内定辞退が毎年出てるのは当たり前だと思っていますからね。特に採用予定者数の多い特別区とか、国家一般職とかは、毎年同じような時期に内定辞退の連絡がたくさんくるので、ただの事務処理をするだけの作業で終わります。引き止められたり、嫌味を言われたり、脅迫されたりということはありません。内定辞退をする旨を伝えればそれで向こうも了承して終わりでしょう。理由をこちらから言わなくても、聞かれないで終わる可能性もあります。もし聞かれたら、正直に言えば良いでしょう。内定辞退をする理由なんて1個しかないわけです。ここよりも他に行きたいところから内定を貰ったという理由しかないでしょう。そんなのは向こうも分かっているでしょうし、そんなことを聞いても意味はないので、聞いてくる可能性は少ないと思います。公務員も忙しいので、内定辞退の連絡にそんなに長い時間は割いていられないでしょう。

 

だから、素直に思っていることをそのまま話せば良いですし、理由を聞かれる可能性もそんなに高くないと思います。ちなみに、内定辞退の方法としては電話が確実に伝わるので良いでしょう。メールを推奨している人はあまりいませんね。メールは電話に比べたらいい印象を持っていないかもしれませんが、公務員の負担を考えたらメールでも構わない気はしますけどね。というのも、メールって勝手に送れば、勝手に届くわけで、職員がメールチェックをするタイミングで見られるわけじゃないですか?だから、公務員の人の仕事を邪魔しないのです。でも、電話だと、そのときにやっている仕事を中断して電話に出ないといけないので、それはちょっと迷惑をかけているという見方もできます。だから、世間一般的にはメールは失礼!電話にしなさい!と言う人が多いと思いますけど、公務員の仕事のことを考えると、メールはそんなに悪くないと思うのです。先ほど言った様に、ただの事務処理でしかないので、メールだろうがなんだろうが、内定辞退をしたいという旨が伝われば良いのです。緊急性を要求する内容ならば電話の方が良いですが、別に今すぐに伝えないといけないものではないので、メールでも困らないのです。

 

強いて問題点を挙げるならば、メールだと確実に相手に伝わったか?どうかが分からないということです。電話ならば確実に伝わりますけどね。その確率はかなり低いのでしょうけど、確実性を優先するならば電話、公務員の仕事の邪魔にならないことを優先するならば、メールの方が優れていることになります。まあ、電話についてもそんなに長くは話さないでしょう。話しても1分とかじゃにでしょうか?そうなれば、別に迷惑を考えないといけない程度ではないかもしれないので、あまり気にしない方が良いかもしれませんけどね。だから、そこは自分で考えるべきですが、以上のような特徴があるので、それぞれの方法のどちらかを選んで行なうと良いでしょう。また、直接話したくない人は、メールという方法もありますが、手紙という手もあります。こちらも仕事の邪魔にはなりづらいですね。だから、手紙ならば礼儀としてもそんなにマイナスになる印象はないですからね。方法の1つとしてはありではないでしょうか?内定辞退は、公務員試験の場合は恐がる必要はないです。そうおかしなことにはなりませんから。すでに働きたい場所が決まっている場合には、できるだけ早く内定辞退を行なっていきましょう。

 

 

公務員試験のカラクリ (光文社新書)

公務員試験のカラクリ (光文社新書)

 

 

あわせて読みたい記事