読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

警察官を目指すための予備校はどこがいい?失敗しない選び方は?

警察官になりたいという夢を持っている方もいると思います。そういう方は、警察官にんるにはどうしたら良いのか?を考える必要があるでしょう。警察官になるためには、筆記試験があるので、それをクリアしないといけません。そして、さらにあるのが面接試験です。面接だけのところもあれば、集団討論などを課してくる場合もあります。そして、体力測定です。この中で、ちゃんと対策をしないとまずパスできないのが筆記試験と面接試験です。筆記試験は択一式の教養試験が行われます。教養試験は恐らく15科目くらいあると思うので、きっちり対策をしないと、ほとんど点数をとれません。簡単ではないですから。そして、論文の恐らくあるでしょう。作文という言い方をするかもしれませんが、これも普段書きなれていない人がいると思うので、一緒に対策をしていく必要があると思います。そして、面接は1番大変ですね。面接が得意という人はほとんどいないと思いますから、これが恐らく1番大変な対策になると思います。

 

さて、これらの対策をどうするか?ですが、多くの方は予備校に通っていますね。予備校に通うとこれら全てのサポートが適切に受けられます。恐らく警察官を目指している方の大半は大学生じゃないか?と思います。新卒の大学生です。それか働いている人か。そうなれば、皆さんは本業を持っているわけですよね。仕事にしろ勉強にしろ、まずは本業がある中で対策をしていかないといけないので、それは大変です。そっちに時間をとられてしまいますから。ただ、警察官になるための予備校を利用するにあたっては、別に本業を持っていても大丈夫な場合もあります。それはオンラインでのWEB通信の予備校を利用すると言うことです。例えば、「クレアール公務員カレッジ」なんかが有名ですね。ここはネットからの映像講義がメインの予備校になります。皆さんが想像している予備校って、恐らく実際に予備校に通って授業を受けるとう感じじゃないでしょうか?そういう予備校ももちろんありますが、今は主流がこっちに移りつつあると思うのです。それは何故かっていうと、こっちの方が便利だから。

 

オンラインってうのは、ネットにつないで授業を受けるということです。つまり、パソコンやスマホを使ってネット環境を利用して授業を受けるということになります。それがどうして便利なのか?っていうと、これは画期的なんですよ。通常の予備校には校舎に通って、そこで授業を受けます。いつ、どこに通えば良いのか?っていうのは予備校が決めていますから、当然本業を持っている学生や働く人は、都合が悪いときってのがどうしてもあるじゃないですか?1日中ずっと空いているならば、そりゃいつ授業を組まれたって困らないかもしれませんが、普段は勉強や仕事をしないといけない人は、そうはいきません。どうしても本業を優先して、その合間に予備校で勉強をするという形になります。すると、出られない授業がどうしてもあるために、予備校に通っている意味が薄れてしまいます。それだとせっかく身につくものも身につきづらいですよね。したがって、そこでWEB通信の予備校が非常に便利なんです。

 

WEB通信は、どういう授業を受けるのか?というと、あらかじめ録画しておいた授業の動画というのをネットにストリーミング配信しています。つまり、ネットにつなげれば、いつでもその動画が観られて勉強ができるということです。分かりますか?日にちや時間帯はいつでも良いということです。都合のいい時間や都合の良い日に専用のサイトにアクセスして、みたい講義の動画を見れば良いということです。本業を抱えた人でも、それに支障がないタイミングで授業を受けられて、出られない授業が発生するということがなくなります。また、動画の授業だと、大きなメリットがあります。それはどうでも良い話の部分は早送りでカットしたり、1回聞いてもちょっと分からないという部分は、戻ってもう1回でも、2回でも、何回でも聞けます。より時間を節約したり、理解度を深めたりすることができるということです。これは通学して、普通に教室の中で行なう授業でありえないことです。

 

筆記試験対策は以上のように映像講義により、便利に受けられて完璧になりますが、問題は面接試験ですね。面接試験のための講義も同じく映像にて行われますが、例えば面接カードの添削などは直接行なってもらえます。プロに添削してもらった方がより魅力的な面接カードに仕上がりますからね。そして、何よりも便利なのが面接データベースを閲覧できるということです。これはクレアールの受講生じゃないと見られないもので、過去に試験種別の面接を実際に受けた受講生から、面接に関する情報を集めており、面接の時間、面接官の数、何を聞かれたか?どう答えたか?面接官の反応は?合否は?といった、その試験種を受ける受験生ならば、是非事前に知りたい情報が集められており、それを無料で自由に閲覧できます。面接について、こういう情報を事前に知っていると、知っていないのでは全然違いますから。こういう差が結果にも影響を与えるでしょう。そして、集団討論の練習や模擬面接は無制限で、受けたいだけ受けられるようですから、これも充実していますよね。

 

クレアールでは、こういった感じで非常に充実したプランが用意されており、警察官を目指す方にとっては、非常に優れた予備校と言えると思います。実際、多くの学生や働く人がネットからの映像講義を利用して勉強しているので、クレアールのような形が今後の予備校のトレンドになるかもしれません。したがって、クレアールに興味が沸いてきた方、もっと詳しい情報を知りたい方、サービスの具体的内容や利用の仕方、どういうコースがあるのか?料金はどれくらいかかるのか?などはホームページにも載っていると思いますが、より詳しい情報を得たいのであれば、クレアールのホームページから無料の資料請求もできるので、お金がかかりませんから、気軽に利用してもらっても良いと思います。予備校選びで失敗しないために、最善の選択をするためには、詳しい情報が詰まった資料を隅から隅まで読んでみると良いでしょう。結果的にクレアールを選ぶ、選ばないはあると思いますが、どっちにしろ、事前にじっくりとクレアールについて知って検討を重ねた方が良いと思いますからね。良かったら参考にしてみてください。

 

資格★合格クレアール バリュープライスで資格試験の合格を目指せる通学・通信講座

 

大卒警察官 教養試験 過去問350 2016年度 (公務員試験 合格の500シリーズ 10)

大卒警察官 教養試験 過去問350 2016年度 (公務員試験 合格の500シリーズ 10)