特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

国家一般職の人事院面接や官庁訪問の服装はクールビズで良い?

国家一般職の人事院面接等は夏に行われるために、非常に暑いはずです。その暑い日差しを浴びている中、面接を受けに行かないといけないわけですが、その際の服装というのはどういう感じになるのでしょうか?時期を考えたら、当然クールビズのような夏らしい格好になると思うのですが、そういう格好で行っても良いのか?と疑問に思う人もいそうですね。公務員試験の面接は、民間企業よりはクールビズが浸透しているので、がちがちの正装をしてくる人はあまりいません。さすがにおかしいと思うのでしょう。だから、季節に合った服装を選んできます。問題は面接の際にクールビズの格好を指定されていなくても、それで面接に行って良いのか?ということではないでしょうか?

 

基本的には、クールビズとあらかじめ指定がされていれば、それに従って行くのがベストです。ただ、そういう指示がない場合でも、クールビズで構わないと思います。というのも、国家公務員の面接ですよね。そもそもクールビズを始めたのは誰か?というと、国なんです。国がクールビズを広めようとしているため、その国の人間も普段の勤務時はクールビズです。面接官の人もクールビズでしょう。すると、当然受験生としてもクールビズの格好で行くのが1番自然となるのです。だから、少なくとも明らかにクールビズの季節にクールビズで行っても、特に問題が起きるということはないでしょう。中には、クールビズじゃなくて、きちんと上着やネクタイをしている人もいるかもしれませんが、そういう人がいてもあまり気にする必要はありません。

 

そういう人は恐らく保険のために上着やネクタイを着用しているのだと思いますが、上着やネクタイを着ることは不利にはならないでしょうけど、有利にもならないと思います。逆に面接官から、こんなに暑いのに何で?と思われてしまうかもしれません。季節的な服装と言ったら、明らかに場違いともいえるものです。一応、面接ですから、しっかりとした格好をしていかないといけないという意識はあるのでしょうけど、公務員は民間企業みたいにそこまでうるさくないと思います。だから、どの試験種を受けても、面接官はどこもクールビズです。暑い格好をしている人はまずいないのです。クールビズを主導している側の公務員が、普通に正装をしたら説得力ないですからね。やはり公務員自らが率先して、簡易的な軽装を徹底していかないといけないのでしょう。公務員というのはそういう立場にある人たちですから。

 

したがって、事前の案内の有無にかかわらず、基本的にはクールビズで構わないと思いますよ。あらかじめ指定するところ、しないところ、どちらにしてもクールビズの格好を嫌悪しているところはまずありません。例えば、裁判所職員の面接では、事前に指定がなかったにもかかわらず、クールビズの格好をしていった人が、会場に着いたら、クールビズの格好はほとんどいなかったらしく、心配になって係りの人に聞いてみたら、「むしろクールビズを推奨しているので、そちらの格好の方が望ましい」と言われたそうです。望ましいなら、書いておいてくれよと言いたいところでしょうけどね。そういった感じで、クールビズ自体を嫌がっているどころか、むしろ受験生にはそういう格好で来てほしいと思っているケースが多いと思います。そう考えると、どの試験種を受けるにしろ、そういう軽装で問題ないとなると思います。服装でなあ方の気持ちも分かるのですが、服装で悩む以前に面接対策の方をしっかりとやっていきましょう!

 

そのときにオススメしたい面接対策本が以下です。これは公務員試験の面接全般に使えて、どの試験種でも対応できます。官庁訪問のことについても書かれているので、国家一般職の方には特に有効でしょう。特にこの中で紹介しておきたいのは、採用する側はどういう人が欲しいと思っているのか?というところで、本書には「公務員を簡単に辞めない人」と書かれています。やはり公務員といえども、仕事は大変で、その量などはどんどん増えてきている傾向にあり、多くのニーズを汲みとり、国民に提供していく業務は本当に疲弊し、大変なものなのです。だからこそ、辞めてしまう人も多いのですが、それは採用する側にとっては損失にあたるわけですから、それを避けたいと思い、なかなか辞めそうにない人、簡単に辞めないだろうと思う人間を採用したいと思うのだそうです。じゃあ、面接官に簡単に辞めなさそうと思われるためにはどうするか?そのテクニックが本書には書かれています。是非、多くの方に読んでもらいたい一冊です。

 

 

面接・官庁訪問の秘伝 2016年度採用版 (公務員試験)

面接・官庁訪問の秘伝 2016年度採用版 (公務員試験)

 

 

あわせて読みたい記事