特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

就活で使うネクタイの色や柄で、面接で不利にならない選び方

就職活動では、スーツを一緒にネクタイや靴なども買うのではないでしょうか?靴やカバンはそんなに色やデザインに違いもないですが、ネクタイは割と違いがありますよね。それはデザインもそうですけど、色も全然違います。だから、どういったものを選べば良いのか?迷う人もいるかもしれません。最初に買っておく人もいれば、後から追加で買うケースもあると思うので、その際には知っておきましょう。基本的には派手すぎないもの、地味すぎないものであれば良いと思います。それぞれ極端なデザインや色のものはやや敬遠される可能性がありますが、普通の社会人が着けているようなものであれば、全く問題ないでしょう。ネクタイによって面接結果とかに差が出るわけではないと思います。よほどヘンなものを着けていない限りは。だから、ネクタイによって特別有利になることはないですが、不利にならないようにはしたいものです。

 

面接のときにに面接官から見て、何だこのネクタイは!?と思ってしまうようなものは、評価を下げてしまう可能性がありますが、そうじゃないものはネクタイに対する評価は一律でしょう。だから、親にも見てもらえば確実ですけど、自分の常識の中で、このネクタイならばそんなに問題ないだろう。というものをチョイスすればだいたいOKだと思います。色としては青、赤、などの割と目立ちやすい色が良いのではないでしょうか?色としては目立つととっもに、黒か紺色のスーツを選ぶ人が多いと思うので、そういったスーツに割と合う色でもありますよね。スーツ自体が割と暗い色ですから、ネクタイを明るい色にしてあげると、スーツとネクタイの色で上手くコントラストになって、良い感じに見えるのではないか?と思います。

 

ネクタイの色はそこまで気を使う必要は無いでしょう。この2つの色がベストかな?とは思いますけど、これ以外の色でも大丈夫ですから。柄については変な柄といっても分かりづらいとは思いますけど、そういう柄を選ばなければOKです。そういう柄ってどういう柄というのは、説明ではできませんけど、個人の常識で判断するしかないでしょう。無難なのはとにかく赤か青だと思いますよ。スーツのジャケットを着たときに1番しっくりくる色だと思いますから。ネクタイにそんなにこだわりがある人もいないのではないか?と思いますから、不利にならなければ何でも良いというのであれば、そういった色を選んでいくと良いのではないでしょうか?ネクタイはずっと使うわけではないですけど、夏以外はだいたい使うと思いますけど。夏は使わない場合もあります。

 

夏は場合によってはクールビズの格好でも良いと言われると思うので、そのときにはネクタイは要りません。していっても良いですけどね。別にクールビズの格好で着てくれても良いと言われたら、ネクタイをしていってもおかしいわけではないと思いますから。逆にクールビズの格好の中でも、ネクタイをしていくことは非常にキマッタ服装になるわけですから、やや好印象かもしれないです。クールビズのときには、案外クールビズで良いと言われても、案外そういう格好をしてこない人もいますからね。そういう意味では、ネクタイは1年中活躍する可能性があるアイテムですから、そういったものは事前にある程度慎重に選ばないといけないものですが、慎重に選ばなくても失敗するというものではなさそうですけどね。親に見てもらうのが1番で、これで良いかな?と思ったものを見せてみれば、だいたい親も判断ができるでしょうから。それでしておけばかなりの確率で失敗しないネクタイ選びができると思います。

 

 

ずるい就活(就職ガイド本の決定版/自己分析/SPI/面接/内定) (就職は、人生逆転のチャンス!)

ずるい就活(就職ガイド本の決定版/自己分析/SPI/面接/内定) (就職は、人生逆転のチャンス!)

 

 

ああせて読みたい記事