特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

公務員試験講座の予備校でTACの授業料、費用の金額はいくら?

公務員試験の予備校としてはいろいろな候補があると思いますけど、個人的にオススメしたいのは、「資格の学校TAC」になります。やはりここが1番信頼できて、実績もある予備校になると思います。TACの場合はいろいろなコースが用意されていて、自分に合ったものを選ぶことができますけど、特に総合本科生というコースが最も評判も良くて人気となっています。総合本科生というのは、私もこれに入会しましたが、筆記試験の授業を、教養試験、専門試験合わせて主要科目は全て聞くことができます。そして、論文試験の講義、面接試験の講義も聞けて、さらには論文の添削と面接の模擬面接は無制限に受けられるという、非常に内容の詰まったコースになっています。恐らくコスパ的にもこれが1番良いんじゃないでしょうかね?

 

また、これらに加えて模試も受けられますよ。模試は、2月~5月くらいにかけて行われて合計5回ほど全て無料で受験できます。模試も本番に向けて大切なステップですから、やはりこれだけの回数を無料で受験できるのは大きいですよね。この総合本科生は費用としては、通学講座とDVD講座が33万4000円です。そして、Webフォロー(かなり人気)が5万1000円です。通学講座はお分かりいただけると思いますが、DVD講座というのは、教室で授業を聞くのではなく、校舎に通ってDVDを借りて、専用のブースで再生して見るというタイプの授業ですね。このメリットとしては、自分の都合にあわせていつでも予備校に行って、DVDを借りて授業を見られるという点です。通学講座の場合は、授業をやる日、時間帯は決まっていますから、どうしても出られない授業が出てきてしまうでしょう。でも、DVD講座ならば、自分の都合の良いときに予備校に行って、見たい授業だけを見られますから、非常に便利なのです。

 

そして、通学講座のデメリットを解消してくれるのがWebフォローなんです。今、通学講座のデメリットを言いましたが、Webフォローというのは、パソコンやスマートフォンから、インターネットの専用サイトにアクセスして、そこから見たい授業を見ることができます。だから、欠席してしまった回も後から自分の家などで再度ちゃんと観られますから安心ということなんです。これは通学講座に申し込んだ受講生が、さらにオプションとして申し込むケースが多いです。大変利便性が高いので、多くの受講生はこのWebフォローを申し込んでいます。DVD講座とWebフォローの優れているところは、1回聞いて終了ではなくて、繰り返し授業を聞けるところです。通学講座は1回授業を終えたら、後は自分で復習するしかありませんけど、この2つは分からないところは再度確認するなどの勉強の仕方ができるので、非常にありがたいですよね。

 

この総合本科生は地方公務員、国家公務員のほぼ全ての試験種に対応可能ですから、最もスタンダードで、やっぱりカバー力があるので、人気なんですね。後は単科生というコースもあり、こちらはピンポイントで苦手な科目のみ通うとか、面接や論文対策講義のみ通うとか、そういった受け方ができるコースです。こちらの費用は科目によっても違いますけど、1科目あたり数万円から10万円くらいです。苦手な部分のみ予備校に通ってなんとかしたい!という場合には、こういう受け方もあると思います。TACでは、他にもいろいろなコースがあるんですよ。2年生から通うためのコースとか、各試験種ごとに専門化されたコースとか、教養試験のみのコースとか、そういうコースもありでしょうけど、多くの受験生はいろいろな試験種を併願しますから、やはりあらゆる試験種に不足なく対応できるように対策を立てたいんだと思います。どの試験種に対してもバランスよく勉強ができる。筆記試験から二次試験までちゃんと面倒を見てくれる総合本科生がやはり1番受講生から人気ですし、私もそれを選びましたけど、正解だったと思います。

 

総合本科生以外のコースについても知りたい方、費用や授業料について知りたい方、TACという予備校についてもっと知りたい方は、ホームページをご覧になると結構いろいろな情報が載っていますし、参考になるでしょう。後は資料請求も無料でできますから、TACを公務員試験のための予備校として考えている方は、その前にちゃんとTACについて理解しておくために、TACの魅力について知るために、ホームページには載っていない細かい情報も載っているので、1度資料請求をすると良いのではないでしょうか?

 

資格の学校TAC<公務員>各種コース開講

 

 

 

公務員試験受かる勉強法落ちる勉強法 2016年度版

公務員試験受かる勉強法落ちる勉強法 2016年度版