特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

公務員試験の予備校の必要性は?通わないと合格できない?

公務員試験の受験生の多くは予備校に通っているかと思います。どれくらいの割合で通っているのか?は分かりませんけど、かなりの人数通っていますよね。これは予備校に通わないと公務員になれないというわけではありません。独学でも多くの方々が毎年合格しています。じゃあ、何で多くの受験生は予備校に通うのか?それは予備校に通った方が合格しやすいと考えている人もいれば、予備校に通いやすい環境が整えられてきている。という理由もあると思います。前者の場合は、現在予備校に通っていない人にも同じように考えている人もいるかもしれませんけど、予備校に通わないと合格できないんじゃないの?と不安に駆られて、予備校に通う人がいると思うのです。それは予備校にさえ通えば、誰でも合格の可能性が上がると思い込んでいる。実際は、予備校に通っても、通わなくても、しっかりと勉強をして、面接対策等ができれば、合格は可能です。逆に予備校に通っていても、そこで実のある過ごし方ができなければ、不合格まっしぐらです。

 

予備校に通って、どう過ごすか?というのが問題で、それが独学でやるときよりもさらにレベルの高い過ごし方ができると確信している場合、そういう算段が事前にある場合に初めて予備校に通う意味が生まれると思うし、予備校に通った方が合格率上がるんじゃないの?と言えると思うのですが、何も考えないで、どういう理由で、どういうメカニズムで合格率が上がるのか?も考えていないのに、予備校に通った方が合格可能性が高いと判断してしまっている人は、予備校に通う意味はあまりないかもしれない。そこをちゃんと考えていますか?予備校に通う、通わないだけじゃなくて、通った場合と通わない場合でどう違うのか?それは合格可能性にどう影響を与えるのか?まで考えておかないといけないと思います。

 

そして、2つめの理由に挙げた、多くの受験生が予備校を利用しやすい環境が整っているという点については、これは従来の普通に予備校の校舎に通うという形以外の方法をとる受講生が増えた。というか、予備校側がそういったニーズを汲んで、より球がかからない、多くの受講生に人気の受講形態を用意してくれた。というのがあると思います。普通に通学する場合、いろいろと制約があったり、手間やお金がかかりますね。手間というのは往復にかかる時間で、お金というのは交通費、そして制約というのは、決まった時間に通わないといけないということです。だから、いろいろと不便が多いのです。そこが従来ネックだったので、それらの問題点を解消してくれるのが、やはりネットなわけです。今は本当にネットで何でもできる時代になりましたけど、ネットがあれば、予備校に通う必要もなくなったということです。ネットで授業を受けることができるようになったのですから。

 

例えば、「クレアール公務員カレッジ」では、特にこのネットからの映像講義を専門にしていて、多くの学生、社会人が学んでいます。映像による講義というのは、パソコンやスマートフォンからネットの専用の授業配信ページにアクセスして、そこから授業を視聴する形態です。このスタイルの良いところはやはり移動の手間や交通費がかからないこと、そして1回きりじゃなくて分からない回は何度でも繰り返し同じ授業を見ることができること、さらには時間や場所の制約を受けずに、いつでも好きなときに好きなところから授業が見られることにあります。インターネットを活用した今ならではの授業スタイルが実現しています。また、クレアールでは音声ファイルのダウンロードも可能ですから、それをお手持ちの音楽プレイヤーに転送すれば、例えば電車の中でも時間を無駄にしないで、授業を聞くことができ、より理解が深まるということもいえると思います。

 

クレアールは私がオススメしたい公務員試験の予備校のうちの1つですけど、こういった予備校は非常に利便性が高く、パッと見で合格可能性が高いということは言えそうな気がしますね。ただ、冒頭で示したように、予備校に通えば合格率が上がると短絡的に考えるのではなく、人には向き不向きがありますから、冷静に考えてみて、自分は予備校に通うことで、どこをどう補うことができて、それがどういう風にして合格率を上げることにつながるのか?ということを是非考えてみてほしいと思います。そのうえで予備校に通った方が合格可能性が上がると思ったのであれば、予備校に通う価値はあるでしょうし、実際に予備校に通った方が合格可能性は高いと言って良いのではないか?と思います。すでに示したクレアールは特にWEBを通した映像講義に力を入れており、定評があります。また、授業料が他者と比べても結構安い傾向にあるので、クレアールについて気になる方、もっとどういう予備校なのか?知りたい方、具体的にどういうコースがあって、どういうカリキュラムで学んでいくのか?知りたい方はホームページを隅まで閲覧してみたり、資料請求をすると、より詳しい情報が手に入ると思います。

 

資格★合格クレアール バリュープライスで資格試験の合格を目指せる通学・通信講座