読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

警察官や市役所の転職の面接で退職理由、前職をやめた理由の的確な答え方

警察官の面接を受けるときには、恐らく普通に働いていた方が受けるときには、「前職を辞めた理由」を聞かれるのではないでしょうか?何で前の仕事を辞めたのか?警察官の面接では、そういった退職理由を聞かれると思います。それじゃ警視庁、都道府県警察も…

公務員の社会人経験者で転職回数が多い、繰り返す人は不利?

公務員になろうと転職を目指している方も多いのではないでしょうか?公務員試験は転職からも目指すこともできます。ただ、中にはちょっとコンプレックスを抱えている方もいるのではないでしょうか?それは過去に何度も転職を繰り返しているということです。…

公務員への転職の勉強は働きながらか?会社を辞めてからか?

公務員試験を社会人経験者枠で受けるという方、転職をして公務員を目指すという方にとっては、公務員試験の勉強をどうやってしていくか?はポイントになるでしょう。というのも、勉強をするにあたっては会社を辞めてから行うのか?それとも在籍したまま行う…

転職、経験者採用で公務員試験は場合は年齢はほぼ関係ない

公務員試験を社会人として受験される場合には、年齢と言うのが1つ気になるかもしれません。年齢制限は新卒の大学生などが受ける通常の採用試験においてはあります。それはだいたい30歳くらいになっていることが多いです。民間企業で働いてきた経験のある…

公務員に転職する人の前職を辞めた理由と志望動機の作り方

公務員試験の転職時における志望動機というのは、どういう風に作っていけば良いのでしょうか?転職においては、新卒の大学生が採用される場合とは、違った面を期待して採られているはずですから、そこをちゃんと汲んで、志望動機にしていかないといけないで…

特別区の経験者採用の筆記試験と面接試験の倍率は?

特別区の経験者採用は、募集人数はそれほど多くないものの、毎年多くの人が受験しているため、倍率は割と高いです。経験者採用の場合はいくつかの種類に分かれており、それぞれで受験をしますが、1番募集人数の多い2級職は、2014年の場合は約80名の…

社会人経験者採用で、異業種から公務員へ転職も問題なし!

公務員に転職を考えている人も多いと思います。民間企業に勤めていて、公務員への転職を考えている人というのは、年々増えてきていると思うのです。民間企業の働き方に限界を感じた人が多いということと、公務員という働き方への憧れみたいなものがあるのだ…