特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

特別区の採用試験全般

特別区の公務員試験の事務職は何歳まで?年齢制限の上限を引き下げ、変更を実施したが倍率は上がる?

特別区の職員採用試験の年齢制限の上限の引き下げが行われたのはご存知でしょうか?特別区の公務員試験は去年あたりかな?年齢制限が緩和されました。全部の職種でそれが行われたか?どうかはちょっと分かりませんが、少なくとも特別区の事務職に関しては、…

特別区の職員の仕事内容は辛い?きつい?魅力ややりがいは何か?

特別区の仕事ってどんな感じだと思いますか?仕事といっても、担当する部署とかによって違うのですが、特別区のような大規模自治体というのでしょうか?東京都内ですから、当然人口も多いです。そして、地方公務員の中では、そういう人口の多さもありますし…

特別区で出題される性格検査の正しい答え方や対策はある?

特別区の2015年は大変革になりそうで、受験生は本当に大変だと思います。いろいろな変更点が現在まで発表されていますけど、特に今回注目したいのは「性格適正検査」なるものが一次試験のときに行われることについてです。今年が初めてですから、一体ど…

特別区Ⅰ類は2015年から性格検査を実施し、面接回数を減らすことが決定!

特別区の採用試験は2015年から、従来の5月から6月に日程が変わったことは以前お伝えしました。ただ、また更なる変更点があるようです。もう本当に勘弁してくれ。と思っている受験生の方もいるかもしれません。今回の変更は主に2点です①一次試験で、お…

2015年から特別区の採用試験の日程変更で倍率は下がる?

特別区は今年度2015年の採用試験から日程が変わりました。おそらく民間企業の就職活動の採用活動が後ろ倒しになり、その影響かと思われます。これによって、6月の上旬に1ヶ月ほど遅くなりました。そして、何よりも大きいのは以前と同様に東京都庁と同…

特別区採用試験の申し込みで希望区3つの選び方について

特別区の試験に申し込むときには希望区を3まで選ぶことができます。選ばないという選択肢もありなのかもしれませんけど、ここでどういう感じで選んでいけば良いのか?悩む人もいるかと思います。希望区といわれても、それぞれの区についてよく知らない人も…

特別区Ⅰ類の採用試験の筆記試験のボーダーについて

特別区のⅠ類のボーダーって、どれくらいでしょうか?筆記試験は毎度お知らせしているように、論文試験でかなり左右されるために、何ともいえない部分もあります。ただ、論文がどうこうよりも、理論上これよ下だと、まず一次試験は突破できないという択一試験…

特別区Ⅰ類の採用試験は受かりやすいけど、簡単ではない

特別区は公務員試験の中では、比較的難易度は易しい方だと思います。ただ、簡単といってしまえるほど簡単ではないと思うのです。難易度は確かに低い方だと思います。筆記試験の問題もさほど難しくないし、面接の倍率も高くないし、公務員試験全般を見渡して…

特別区Ⅰ類の職員採用試験の全体の倍率は?

特別区の職員採用試験の倍率って、皆さん気になるところかもしれません。倍率は低いことには越したことないですよね。倍率は試験全体の難易度を測るうえで1つの目安になる数字かもしれません。特別区の職員採用試験、一般事務の試験になりますけど、全体の…

特別区Ⅰ類の筆記試験の難易度は割と易しめ

公務員試験の中でも、特別区は例年受験される方がとても多い試験種です。東京都周辺、首都圏近郊だけではなく、本当にいろいろなところから、全国各地から受験生が集まってきます。かなり大掛かりな試験になるために、筆記試験は隣のいくつかの大学を借りて…