特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

信用金庫の就職の難易度や倍率は?年収が高い、激務や忙しい評判はあるが

信用金庫に就職したいと思っている人も多いのではないでしょうか?信用金庫の就職の難易度はそれぞれの会社で結構違いはありますが、信用金庫は人気の業界であると言えると思います。というのも、メガバンクが人気であるという点も踏まえて、銀行や信用金庫は就活生に人気なのです。したがって、信用金庫への就職は倍率もそれなりに高いでしょう。難易度が高いのはなんとなく想像できると思いますけど、信用金庫に就職したい人は、信用金庫の評判について調べておきましょう。激務なのか?仕事内容はどうなのか?といった、信用金庫の働き方について調べておいて、それで納得してから志望して、エントリーすると良いのではないでしょうか?信用金庫と銀行で違いはあるのか?というと、ありますけど、働き方のうえではそこまで大きな違いにはならない気がします。理念とかの方が違うのかな?と思いますし、銀行でも信用金庫でも違いがあるとすれば、職種の方が大きい気がするのです。地域に密着するか?全国展開するか?の違いが大きいと思います。信用金庫への就職の評判としては、やはり職種によって違いますけど、性別によって任される仕事内容が変わると思うのです。

 

信用金庫の評判としては、銀行との違いで言うとある意味仕事内容は銀行以上に激務になる可能性もあります。信用金庫は地域に根差した経営をすることになりますが、それは言い換えればよりきめ細かなサービスが必要とされるということです。つまり、大雑把ではないということなので、そこが信用金庫への就職においては忙しい部分を呼ぶ可能性があります。信用金庫は銀行と比べて仕事内容に特別な違いがあるというわけではないと思いますけど、使命が違うという言い方もできそうな気がしますから、その点を考慮すると信用金庫へ就職すると激務と感じる人が多くいるのでしょう。信用金庫に就職するならば、その仕事が好きじゃないと続けられないという評判もありますから、ちょっと特殊な部分もあると思ったほうが良いかもしれません。信用金庫と銀行の違いは業務内容としてはそこまで違いはないかもしれませんが、信用金庫は地元の企業のために働いていく目的があるので、若干業務の内容が違うということは言えるでしょうか?違いがあると言えるレベルなのか?そうじゃないのか?は何とも言えません。それぞれの信用金庫によっても違うでしょうね。金融業界は年収が割と高いですけど、やはり忙しい部分がどうしてもあると思いますから、そこはあらかじめ知っておかないといけません。信用金庫の評判で言われているのは年収はそこそこ高いが、銀行よりは低いということです。

 

信用金庫の年収は高い方です。一般的な水準で言えば高い方になりますが、平均を出すと多分600万円くらいはあるのではないか?と思います。年齢とか、どの会社か?にもよると思いますけど、平均を出すと信用金庫の年収は高いです。そこは信用金庫の評判としては良い部分になると思います。ただ、どうしても金融業界は激務になりがちなので、信用金庫は忙しいということが言えそうです。信用金庫の仕事内容は銀行との違いはそこまでないとは思いますが、会社ごとに違いがあると思うので、そこは受ける前に確認をしておきましょう。やはり投資信託や預金の募集など、地域密着の部分はより顕著になると思います。したがって、仕事内容はある程度は想像できるかもしれませんが、それぞれによるので、受ける信用金庫ごとにちゃんと確認をしておくことが重要になります。そして、問題は信用金庫は地元以外を受けるときには難易度はどうなるのか?ということです。信用金庫の就職の難易度は高い方になりそうですが、地元以外のところを受けるときには、その難易度がさらに上がる可能性があります。信用金庫の就職での倍率はそれぞれで違いますけど、地元以外のところを受けると、実質その倍率がさらに上がるような状況になるかもしれません。つまり、地元以外の人は難易度が高くなるということなのです。だから、信用金庫に就職したい人は地元以外を受けるときには気を付けましょう。

 

ちなみに銀行にも共通ですが、融資業務というのがあります。信用金庫の評判において非常に重要なのは、融資業務において精神を病む人がいるということです。信用金庫の就職では激務という部分はまず大変な部分でもありますけど、それとは別に融資業務はいろいろと大変な部分があります。融資業務は打ち切りなどをしないといけないシーンがどうしてもあり、そのときは断腸の思いでやらないといけない可能性があります。融資を断ったり、打ち切る方としても非常につらいのです。だって、融資を受けられない会社はその後どうなるの?ということを案じると、ちょっと他人事には思えないからです。自分たちの業務によって、1つの会社、その会社で働く人たちの人生が変わるわけですから。これはどちらかというと銀行に関する問題で、地域に根差す活動をしている信用金庫には当てはまりづらい部分化もしれませんが、そういった部分は少なからずお金を貸すのが仕事である金融業界全体にあるというのは知っておくと良いかもしれません。

 

そこが信用金庫の仕事内容はそれぞれの会社で微妙に違っているので、正確に知りたいならば会社説明会などに参加してみることが1番でしょう。そこで仕事内容における大変なことや楽しいことなどの話も聞けると思うので、信用金庫の全体の評判のようなものはネットで調べられますけど、個別の会社の評判はやはりそういう機会を利用しないと厳しいと思うのです。信用金庫の就職は年収が高いなどの魅力はあるものの、もちろん忙しいなどの大変な部分もありますし、信用金庫について評判は調べておくと良いでしょう。信用金庫に就職したい人は倍率が高いはずなので、実際に内定を貰うのは難しいですけど、ここに就職したい人は頑張りましょう。地元以外は厳しいと思いますけど、どうしても働きたいところがあるところがあるならば、その熱意を面接などで伝えていくと良いと思います。とにかく競争率はそれなりに高いと思うので、就職活動を頑張ってください。

 

 

信用金庫の地域貢献

信用金庫の地域貢献

 

 

あわせて読みたい記事

大学院生の公務員試験の勉強は大変?面接試験では不利になる可能性もある?

大学院生が公務員試験を受ける場合、現実的にどれくらい大変なのでしょうか?一般的には大学生が受けるケースが多いわけですが、大学生と大学院生では日頃の過ごし方が全然違う場合があります。特に文系の大学生と大学院生では忙しさが違うと思うのです。文系の大学生もアルバイトなどを頻繁にやっていると忙しい場合もありますが、大学院生は基本的に学業そのものが明らかに忙しいと言えると思います。大学院生も文系と理系では違うのかもしれませんが、研究をする機関であるだけにそっちの勉強がまず忙しいでしょう。現実的に大学院と公務員試験の勉強の両立は可能なのか?というと、これは人によるとしか言いようがありません。どのくらい普段の研究が忙しいのか?も人によると思いますから。だから、自由な時間というか、公務員試験の勉強に使えそうな時間が1日でどれくらい作ることができそうか?という部分にかかっています。1年くらいで合格を目指す人が多いですが、その期間で受かるということを目指すならば、公務員試験の勉強時間を1日3.4時間くらいは平均して作ることができないと厳しい気がします。

 

1日3,4時間程度の勉強時間を毎日平均して続けられることができるならば、事務職の一般的な公務員試験に1年くらいで受かる可能性が十分出てくるということが言えると思います。だから、その勉強時間を確保できるのか?を考えていく必要があります。ただ、これは1年程度で合格を目指す場合です。それ以上時間をかけても良いという人は話は別になります。在学中に勉強を始めても、実際に受けるのは卒業後とかでも良いという人もいるでしょうから。公務員試験は民間企業みたいに新卒と既卒を露骨に分けているようなことはないです。新卒の枠に既卒も応募して受けられますから。大学院在学中に現役で受かるということになると話は別かもしれませんが、卒業後でも良いというならば、大学院に在籍していることが公務員試験の受験において不利になるということは考えづらいです。大学院在学中に就職するとなると、民間企業であっても結構大変だと思いますからね。文系と理系ではまた違うとは思いますけど、大学院の人が就職をするときには在学中に内定を貰うのか?そうじゃないのか?で難易度が違ってくるでしょう。難易度というか大変さという表現の方がしっくりくるかもしれませんが。

 

ただ、これは公務員試験の筆記試験の話であって、面接試験はまたちょっと違います。大学院生の人が面接試験を受けるときには状況が変わることがあるのです。公務員試験においては大学生と大学院生は別というケースもありますが、そうじゃないケースもあると思います。その場合、大学生と比べて年齢が上の大学院生は公務員試験の面接ではやや不利になる可能性があります。これは何が不利になるのか?というと、年齢なのです。民間企業も公務員も、基本的に年齢が上がれば給料が高くなるので、その給料に見合った能力を求めてきます。そうなると、年齢が上がるとそれだけ高い能力を持っていないと採用されづらくなるため、大学院生は公務員試験の面接試験では不利になるというか、ハードルが上がった状態になると言えます。これは民間企業の場合でも同じですね。だから、就職をするときには求められるハードルが低いときに、つまり若いうちにした方がお得というか、難易度が下がるということは言える気がします。公務員試験においては大学院生は大学院生としか争わないという状況があれば別ですが、そうじゃない状況になると大学院生は面接試験で相対的に不利になる可能性があるので知っておきましょう。

 

大学生と大学院生の就職に関しては、公務員試験を受ける場合でも勉強に関して大変さが違うということが1つ言えますけど、それを乗り越えても面接試験のハードルの高さについてのことがあるので、いろいろと考慮しておかないといけない部分があるので、大学院生になると就職が大変になるかもしれないということは、できれば大学院生になる前に知っておかないといけないことでしょう。こういった話はどちらかというと民間企業で関係してくる話になると思いますけど、公務員試験でも関係ないとは言えません。年齢が若い方が相対的に有利になる可能性自体は否定できないので、筆記試験をクリアしても面接試験でどうやって評価してもらうか?どうやって内定をもらうか?ということを考えないといけないのです。大学生も大変ですけど、大学院生の公務員試験は本当に大変だと思った方が良いでしょう。

 

 

公務員試験のカラクリ (光文社新書)

公務員試験のカラクリ (光文社新書)

 

 

あわせて読みたい記事

滋賀県の公務員試験の面接での受かる志望動機の考え方は自己PRと組み合わせるべき

公務員試験を受ける人の中には滋賀県を受験するという人もいるのではないでしょうか?滋賀県はやはり地元出身の人が多く受けるのではないか?と思いますけど、確固たる志望動機がないと厳しいので、面接で受かるための志望動機を考えておきましょう。では、滋賀県に受かるための志望動機とはどういったものになるでしょうか?滋賀県の公務員試験に受かるための志望動機としては自己PRを上手く組み合わせて作るべきだと思うのですが、やはりあなたは滋賀県で何ができるか?という部分が重要です。ここでポイントなのは何をしたいか?ではなく、何をすべきか?です。自分がやりたいことを前面に押し出すのは逆効果になることもあるので注意をしてもらいたいと思います。滋賀県の公務員試験の面接対策の志望動機の考え方としては、自分のやりたいことを話しても、そもそもそれをやるための県境がちゃんとあるのか?またはそれをやる必要があるのか?という問題があります。どこでもやっていることなどを挙げると、他の自治体でも良いんじゃない?みたいに思われる可能性があるので、そういうものは挙げない方が良いかもしれません。

 

滋賀県の公務員試験の志望動機を考え方の例としては、滋賀県について詳しく調べてみるということがまず必要ですが、そのうえで滋賀県では今何を必要としているのか?どんな取り組みを行う必要がある(取り組みをしえいる)のか?について考えてみる必要があります。そのうえで滋賀県で働くにあたって、自分がやりたいことを述べるときには、それが同時に滋賀県にとってやるべきと言えること、取り組む必要のあることでないといけないのです。そういった点に注意をして滋賀県の面接対策での志望動機を考えていきましょう。そのためには滋賀県について自分なりに調べてみる必要があります。滋賀県がやる必要のあること、それは現在行われている取り組みでも良いし、行われていない取り組みでも良い(その場合にはなぜそれをやる必要があるのか?の根拠が別途必要だが)ので、そういった具体的な取り組みや政策をまず提示することが大切です。そそこから滋賀県の面接での志望動機の考え方を始めていくべきなのです。滋賀県で取り組むべきことの具体例を例示したら、そこに自分がかかわることのメリットを加えます。自分がその政策や取り組みに加わることでこんないいことがある。または自分にはその取り組みや政策に加わることで発揮できる能力や経験があるということを話すのです。

 

そういったことを話せればどういうことになるでしょうか?ここまでの流れを整理すると、滋賀県にはこんなやるべきことがある。そして、私が滋賀県で働けばそのやるべきことに関して成果を残すことができる。となります。つまり、こういった志望動機の考え方をすると、十分すぎる滋賀県で働く理由になるわけじゃないですか?滋賀県で働きたい理由ではなく、滋賀県で働くべき理由になっているところがポイントです。滋賀県で働きたい気持ちは、採用試験を受けに来ている時点で十分伝わります。あとはあなたを採用することでどんなメリットがあるか?そこだけなのです。そこをはっきりさせられれば、面接官としてもあなたを採用する理由が1つ生まれるわけで、滋賀県の公務員試験の志望動機の作り方においても差別化が十分できていると思います。自己PRを上手く組み合わせて志望理由を作るということになります。そうやって滋賀県の公務員試験の志望動機を作っていけば良いと思います。働きたいではなくて、自分が働くべきという流れは個人的には1番評価できると思うので、滋賀県の面接で志望動機を考えないといけないときには、参考にしてもらえればと思います。

 

公務員試験の面接対策をするときには以下のような本が参考になるのではないか?と思います。本書は公務員試験の面接対策においてはかなり役立つ可能性がある面接対策本だと思います。特徴としては、想定質問の例がかなり多く載っており、頻出の質問からかなり聞かれる可能性が低いマイナーと思われる質問なども載せているので、かなりの数を事前に想定して、面接対策ができるはずです。60以上の想定質問が実際に載っているわけですが、ここまで多くの想定質問を事前にやっておけば、他のライバルの受験生と差がつく可能性があります。というのも、他の受験生は頻出の質問への対策はしていても、マイナーな質問への対策はどうしても怠ってしまう可能性が高いと思うのです。そこで本書のような本を使ってマイナーな質問まで対策をしていると、他の受験生が対策をしていなくてまともに答えられないような質問に対してもある程度的確にこたえられる可能性がありますから、そこで評価が分かれて、結果的に内定をもらえる可能性が高まるということなのです。公務員試験の面接に受かりたい人は良かったら参考にしてみてください。

 

大卒程度公務員 面接対策ハンドブック 2018年度

大卒程度公務員 面接対策ハンドブック 2018年度

 

 

あわせて読みたい記事

日本史と世界史の選び方はどっちがいい?どっちが楽?難易度や覚える量の比較は意味がない

高校生は日本史と世界史でどっちを選ぶべきか?というポイントで悩む人が全国でたくさんいるのではないでしょうか?高校では日本史と世界史は両方やると思いますし、場合によっては現代社会や政治経済なども学ぶという人もいそうです。しかし、大学受験ということを意識するならば、日本史と世界史でどっちを選ぶか?の2択で決める人が多いと思います。この2つは受けられる大学が多いですからね。しかし、日本史と世界史ではどっちが難しいか?という部分に関して知りたいという人もいるかもしれません。日本史と世界史ならばどっちが簡単か?を知りたい、簡単な方を選びたいと思う人も必ずいるからです。しかし、この2つの科目の難易度の差はほとんどないと思います。日本史と世界史では難易度の差はそこまでないでしょうし、人によって向き不向きがあるので、一概にどちらともいえないのです。日本史と世界史ではどっちが難しいか?というのは人によって違うということになります。日本史と世界史の選び方は難易度を比べるということも重要ですけど、大学に入って就職を意識したときのことまで念頭に置いておくと良いかもしれません。

 

大学に入るためのことだけを考えるのではなく、大学に入った後のこと、特に就職のことまで意識しておくと良い選択ができる可能性があるのです。日本史と世界史の選び方としては、就職において公務員を目指す可能性があるか?という点も重要になります。覚える量などはそこまで差があるとは思えませんし、暗記量はどっちも多いです。チリや政治経済と比べると日本史と世界史は暗記量が相当多いです。だから、日本史と世界史は難易度が高いと言える面もありますけど、暗記量だけで難易度が決まるわけではありませんが、覚えるのが苦手な人にとっては覚える量が多いこの2つの科目はきついと感じる人がいるはずなのです。しかし、どっちかを選ばないといけないならば、暗記量や難易度以外で比較した方が良いかもしれません。それが公務員を将来的な選択肢に入れているか?どうかなのです。公務員試験を受けるつもりがあるならば、日本史と世界史っではどっちを選ぶべきか?というと、世界史がおすすめと言える可能性があります。世界史の方が公務員試験で使う割合が少し多いと感じるからです。公務員試験は日本史も出題されるので、どっちにしろ日本史も勉強しないといけませんけど、より深くやっている科目の方が点数が取りやすいです。そして、公務員試験においては、世界史の知識が世界史の科目以外でも使えることが多くて、役立つ範囲が広いと思います。したがって、公務員試験の受験の可能性がある人は、やや世界史がおすすめかな?と思います。日本史に関しても結局は必要にはありますけど、世界史の方が他の科目への波及の範囲が広いので。

 

公務員試験においては政治経済などの知識を使うこともありますが、日本史と世界史でどっちがいいか?ということを考えるときには政治経済はとりあえず除外して考えます。今は公務員人気なので、就職先の候補として多くが公務員は1度は考えるということがあるかもしれません。大学受験の勉強っていうのは、大学受験が終わるとほぼ役に立たないことが多いのが文系ですが、公務員を目指している人にとっては、もう1度生かせるチャンスがありますからね。日本史と世界史ではどっちが楽か?というと、ほとんど変わらないと思いますし、覚える量も差はほぼないと思っていいでしょう。ただ日本史と世界史ではどっちが難しいか?を考えるときには覚え方の部分も関係ありそうですけどね。日本史は漢字が多くて、世界史はカタカナが多いということはよく言われていますけど、そこがお互いの科目の特徴的な部分になると思います。日本史と世界史では暗記量は変わらないと思いますが、覚えづらさが違いますから、その点においても選ぶ基準は違うでしょう。日本史と世界史を比較するとどっちがいい?というのは難しいですが、選び方の基準の1つとしてはここは重要かな?とは思いますけど、どっちが難しいか?については分からないと思います。これは適性の部分なので、漢字が得意か?どうか、カタカナの紛らわしい名前を識別できるか?といったところの個人における適性が重要なので、覚え方に関しては客観的に日本史と世界史でどっちが楽か?ということはないと思いますから、自分自身はどっちがいいか?を考える必要があります。

 

日本史と世界史ではどっちが楽か?というときには、よく言われていることとしては基礎までならな日本史、それ以上ならば世界史の方が向いているということなのです。これは結局人によっても違うかもしれませんけど、例えばセンター試験で7割くらいまでならば日本史の方が取りやすいかもしれないが、8割以上とかになると世界史の方が取りやすいかもしれないということなのでしょう。自分が社会科で何割くらいとりたいのか?どこまで極めたいのか?によっても選択の仕方は変わりますけど、こういったことは予備校関係者が言っているので参考になるかもしれません。日本史と世界史ではどっちが難しいというのは究極の選択で、選び方が難しいです。何を基準にしても良い選び方ができるとは限りませんから。そうなると、最終的にはどっちにより興味を持てるか?になるかもしれません。私はちなみに日本史を選びましたが、1番の理由は世界史にこれといって興味がなく、日本史の方が好きだったからです。小学生から日本史は好きだったんですよ。でも、世界史は全く興味がなかったので、私はすんなり決まりました。

 

学校での成績はどちらも一緒くらいでしたけど、私は自分の興味の度合いで決めました。日本史と世界史ではどっちが楽か?とか、覚える量はどっちが多いか?とか、そういうことは全く考慮しませんでした。当然、その時点では公務員試験のこととかも頭にはありませんでしたけど、後々そのための勉強をすることになったんですけどね。そういったことも考慮しても良いですし、しなくても良いかもしれませんけど、日本史と世界史はどっちをとっても同じくらいの難易度ですよ。だから、どっちをとって後悔するとかはあまりないと思うんですよね。日本史と世界史の難易度の比較は本当に意味がないと言えるくらい、総合的には微々たるものだと思いますから。だから、日本史と世界史ではどっちが難しいか?などの問いはほとんど意味がないというか、考えても人によって意見が違うので、選び方は難しいということになります。だから、私みたいに好きか?どうかで選ぶことをしないと永遠に決まらない場合もあるかもしれないので、最終的にはそういう決め方が良いかもしれないです。日本史と世界史の選び方は難しいですが、どっちがいいか?というのは暗記量や覚え方や大学受験以外でどっちが多く使うか?どうかなどのもろもろのことを加味しても良いですが、シンプルに選ぶのも良いかもしれないのです。私は好きな日本史を選びましたが、日本史を選んで良かったと思っています。

 

 

日本史B一問一答【完全版】2nd edition (東進ブックス 大学受験 高速マスター)

日本史B一問一答【完全版】2nd edition (東進ブックス 大学受験 高速マスター)

 

 

あわせて読みたい記事

岐阜県庁の公務員試験の難易度と筆記、面接の倍率やボーダーラインや募集人数について

岐阜県庁の公務員試験の難易度はどうなっているのか?それについて簡単に説明をしていきます。岐阜県の公務員試験は行政Ⅰと行政Ⅱというのがあって、これが事務職になると思いますが、募集人数が多いのは行政Ⅰの方ですね。こちらを受験する人が多いと思います。平成28年度の試験結果によると、岐阜県の行政Ⅰの募集人数は75人なので、かなり多いと言えます。行政Ⅰの方は倍率も低いですから、岐阜県の公務員試験の難易度もそこまでは高くないと言えるのではないでしょうか?岐阜県庁の公務員試験の倍率について言及をすると、行政Ⅰは3.5倍となっています。一方、行政Ⅱの方は18倍となっているので、かなり差があります。これは平成28年度のデータですが、今後そんなに変わることはないと思います。こういう部分というのは、岐阜県庁の行政Ⅰの採用予定者数の多さが理由になっていると思います。それによって、岐阜県の公務員試験の倍率は高くならないのです。岐阜県の公務員試験の難易度はこういった感じで、そこまで高くないように思いますけど、簡単ではないのでしっかりと勉強していかないといけません。

 

岐阜県の筆記試験の倍率はどうか?というと、平成28年のケースでは298人が受けて149人が合格しているので、2倍ですね。岐阜県の公務員試験の筆記試験の倍率は結構低いと言えると思います。筆記試験の倍率が2倍くらいだとすると、岐阜県の筆記試験のボーダーラインは高くなさそうですね。岐阜県の筆記試験は教養のみではなくて、専門試験まであると思うのですが、どれくらいが筆記のボーダーラインになるのかな?岐阜県の公務員試験の筆記の問題のレベルはそれなりに高いと思うので、5割いけば普通に可能性があるかな?という感じがします。岐阜県庁の公務員試験の筆記のボーダーラインは完全に予想できませんけど、そのくらいとれれば可能性がありそうな気がするのです。したがって、岐阜県の公務員試験の筆記対策では5割をまずは目指して勉強していきましょう。そして、岐阜県の公務員試験の行政Ⅰの面接試験の倍率は2倍もありません。平成28年度では142人が受験し、85人が最終合格です。つまり、1.7倍とか、その辺なのでしょうか?岐阜県の面接試験の倍率は非常に低いです。こうしてみると、岐阜県の公務員試験は筆記重視でもないですし、面接重視でもないです。どちらの倍率も2倍前後なので、岐阜県の公務員試験の倍率は全体としても低いですし、難易度はそこまで難しくないということになるでしょう。

 

岐阜県の公務員試験は採用予定者数も多いですし、全体の倍率も低いので、全国の都道府県庁の中でも難易度で言えば1番簡単に見えるかもしれません。倍率を基準にするとそうなるでしょうか?岐阜県の公務員試験は採用予定者数が多いですし、受かりやすい自治体と言えるかもしれません。岐阜県の筆記試験の倍率なども今後そこまで変化はないでしょう。だから、岐阜県の公務員試験の筆記のボーダーラインもそこまでは変わらないと思います。合格ラインもそこまで高くないと思うのですが、地方上級レベルならば問題のレベルはそこそこ高いので、筆記対策はちゃんとやっておかないといけないのです。岐阜県の筆記試験の合格最低点のようなものは低いとは思いますけど、問題のレベルを考慮すると、この岐阜県の筆記試験のボーダーラインを超えるのは簡単とは言えないと言える可能性もあるので、ちゃんと筆記対策をしていきましょう。岐阜県の公務員試験の難易度は易しい感じに見えるかもしれませんが、実際はそうとも言えない可能性があります。だから、筆記対策からきちんとこなしていかないといけないのです。

 

岐阜県の公務員試験の倍率などを見ると簡単な自治体に見えるかもしれませんが、まずは筆記試験を乗り越えないといけないので、筆記対策が重要です。あとは二次試験以降の試験内容についても、最新の受験案内で確認をしていきましょう。岐阜県庁の公務員試験の行政Ⅰに関しては二次試験で終了なので、基本的には一次試験で筆記試験で、二次試験は人物試験になると思いますけど、具体的な選考方法を確認しておくと良いでしょう。あとは岐阜県の公務員試験の筆記対策をしなければいけませんが、地方上級レベルの過去問を使って対策をしていくと良いでしょう。そのため以下で紹介しているような地方上級の過去問を使って勉強をしていくと、本番の試験で出るレベルの問題が分かりますし、それで何点取れるか?も分かりますし、できないところを補強していくことで合格の確率も上がるでしょうし、いろいろな使い方ができるので知っておきましょう。岐阜県の公務員試験を受ける人はこういった過去問を使っていくと良いと思います。

 

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

 
地方上級 専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

地方上級 専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

 

 

あわせて読みたい記事

みずほ銀行は難易度や倍率が高いが、就職したい人のための志望動機の考え方や作り方の例

ゲンダイの就活ではメガバンクへの就職を希望している人が非常に多くいるように感じます。例えば、みずほ銀行ですよ。ここは有名な銀行になりますが、知名度も会社の規模も抜群で、かなり安定しているイメージもあるかもしれませんが、このみずほ銀行に就職する難易度は極めて高いです。倍率も相当でしょうね。評判は必ずしも良いとは限りませんけど、それはどの会社においても変わらないと思うので、みずほ銀行に就職したい人は志望動機を確固たるものにしておいて、それを話さないといけません。みずほ銀行への就職の難易度は高いですが、どうしても就職したい人はやはり志望動機が重要です。ここがはっきりしていれば、いろいろな質問にも対応しやすくなると思うのです。みずほ銀行の面接での志望動機の考え方について簡単に紹介していきたいと思います。みずほ銀行の就職における志望動機の考え方のポイントは2つです。銀行を志望した理由とみずほ銀行を志望した理由が必要だと思うのです。面接官からすると、いきなりみずほ銀行の志望理由を話されるよりは、そうやって段階を追ってくれた方が分かりやすいと思いますから。

 

実際、みずほ銀行の志望動機の作り方では、この2つの段階を経て作っていきましょう。みずほ銀行への就職の難易度はかなり高いので、この志望動機の質で合否がかなり左右される可能性もあります。倍率も高いですからね。みずほ銀行の面接での志望動機の作り方では、まずは銀行を志望した理由について考えていきたいですが、こちらはきっかけみたいなものでも良いと思うのです。言うなれば、みずほ銀行を志望した理由よりは薄くても良いと思います。銀行を志望したきっかけを述べてから、本題のつもりでみずほ銀行を志望した理由を話していきましょう。銀行を志望したきっかけというとどんなのがあるのか?というと、私は経済学部出身なので、私がきっかけを考えるならば大学の授業とかを使います。実際、私の大学では民間企業の有名どころで働いている人が講師になって授業をしてくれる講義がいくつかあるんですよね。その中に銀行があったか?どうかは覚えていませんが、商社とか、海運とか、電力とか、マスコミとかがあったかな?そういった機会があったので、そういう部分をエピソードとして使うと思います。もちろん、それ以外でも良いですけどね。みずほ銀行に就職したい人は、まずは銀行を志望したきっかけを考えていきましょう。

 

銀行を志望したきっかけを考えたら、次はみずほ銀行でのエントリーシートや面接での志望動機を考えないといけませんが、みずほ銀行ならではという部分で言うならば、やはりメガバンクとしての影響力は欠かせないでしょう。みずほ銀行メガバンクなので、その影響力が他の銀行とはけた違いです。つまり、仕事内容によっては日本経済に重要な影響力をもたらすことができる可能性があり、そういう部分においてやりがいを感じられる可能性はあると思うのです。そこをみずほ銀行エントリーシートなどの志望動機の考え方にするという手もありますが、メガバンクは他にもありますから、みずほ銀行だけに該当する志望動機と言われるとまた難しいわけですよ。1番良いのはみずほ銀行でやっている事業内容を細かく調べてみると、他の銀行、他のメガバンクではやっていないようなことが見つかる可能性があります。それを挙げて、そのために自分が入社して貢献したいという思いを考えるのが良い気がします。みずほ銀行ならではの事業ってあるんじゃないか?と思うのです。銀行がやっていることってどこも同じようなことで、そういう部分を見つけるのは難しいかもしれませんが、探してみると良いと思います。

 

そのうえでそのみずほ銀行だからこそやっている仕事に関して、自分がなぜそこにかかわるべきなのか?を願望ではなく、適性という面から説明しておくと良いと思うのです。特定の仕事に関してそれをやりたいからではなく、それを自分がやるべきだからという観点で志望理由を考えていくべきなのです。みずほ銀行に就職したい人はやはり難易度がとても高いはずですから、志望動機の作り方1つでも差が出やすいと思うのです。これをやりたいから入社したいと言う人が多いと思うんですけど、やりたいのは分かるが、あなたにその資格や適性、必要な能力はあるの?という部分が分からない以上は、やりたいことがあるのは良いけど、だからといってそれで採用の決め手になるということはないのです。でも、自分にはこんな能力があって、その能力はこの事業のこんなところで生きると思う。そして、その事業に自分が携われれば、御社の利益や発展に貢献ができますよね?だから入社したいのです。と話せれば筋がかなり通っていると思いますし、そういう人を採用したいという気持ちになりやすいと思うのです。したがって、みずほ銀行エントリーシートや面接での志望動機の作り方では、自己PRを関連させて、自分の持つ能力などを志望動機に反映させるというやり方が良いと思うのです。

 

みずほ銀行への就職は倍率も高いですし、非常に難しいでしょう。みずほ銀行に就職したい人はエントリーシートから対策をしっかりとやっておかないといけませんが、そこでいきなり志望動機を聞かれる可能性もあるので、面接の前にすでにみずほ銀行の志望動機の作り方を考えておきましょう。そのときには自己PRも一緒に考えておくと良いのです。自己PRは別途聞かれると思いますけど、自己PRと志望動機をうまく融合させられれば、筋の通った話ができると思いますから。みずほ銀行での志望動機の考え方の例として参考にしたい方がいれば、してもらいたいと思いますが、他の考え方でもいいと思うので、自分が納得できる方法で考えてみてください。みずほ銀行への就職の難易度はとても高いですし、本当に入りたい人が多いので難しいとは思いますけど、頑張って選考にチャレンジしていきましょう。

 

就活生必携!銀行・信金・信組の特徴を理解するための本(2017年暫定版)

就活生必携!銀行・信金・信組の特徴を理解するための本(2017年暫定版)

 

 

あわせて読みたい記事

青森県の公務員試験の面接対策での受かる志望動機の考え方の例

青森県を受験する人は、面接対策ということで志望動機を考える必要があります。青森県庁の面接での志望動機の考え方に悩んでいる人もいるのではないでしょうか?公務員試験における面接の志望動機というのは、誰もが悩むところだと思いますけど、青森県で働きたい人は是非早めに志望動機を考えていってください。青森県の志望動機を考えるときには、個人的なアドバイスとしては地元であるということを強調しない方が良いと思います。地方上級は地元を受ける人が多いので、やはり愛着ある地元で働きたいということを志望動機に据える人がいますけど、私はそれはあまりおすすめしません。なぜならば、青森県を受ける人は基本的にほぼ全員が地元出身または在住だと思うのです。だから、地元であるとか、愛着があるとか、そういったことは受験者全員に共通しているようなものであり、全く差別化にならない、面接官の心に響かないと思うのです。また、そもそも地元で愛着があるという志望動機は、私は不適切な志望動機だと思うのです。

 

なぜか?というと、そもそも地元だから、愛着があるからという志望動機を聞いて、面接官が採りたい気持ちになるか?が問題なのです。面接官が欲しい人材というのはどういう人たちでしょう?メン悦感が採用をするときに気を付けること、気に掛けることの第1位は、その人が公務員として適当な能力、適性を有しているか?だと思います。そして第2位がすぐに辞めないこと、長く働いてくれるか?という点になるかな?と思います。でも、第1位にくるのは公務員として働かせて大丈夫か?ちゃんと働いてくれるか?だと思います。問題は地元で愛着があるからという志望理由が、そういった部分の確認になるか?というと、ならないと思うのです。公務員の志望動機はなぜ働きたいか?ではなくて、なぜ自分が働くべきなのか?を考えていくと、公務員として適切な評価されやすい志望動機になると考えます。青森県庁の公務員試験の志望動機の考え方の例の1つに、そういったところがあると思うので、地元や愛着というキーワードは極力出さないで、自分がなぜ青森県庁に必要なのか?を考えていきましょう。そうすると、評価されやすい青森県庁の志望動機になりやすいと思います。

 

やっぱり面接官の立場に立ってみたときに、青森県で働きたいので青森県を志望しましたと言う人と青森県にとって私が必要なので青森県を志望しましたと言うでは、後者の方が印象が良い気がします。もちろん、なぜ自分という人間が必要なのか?の説明はしないといけませんが、それがきtんとなされたならば、青森県で働きたいと言っている人間は、青森県で働きたい気持ちは伝わるが、その人がちゃんと青森県に貢献してくれるか?は分からないということになります。でも、青森県にとって自分が必要だと、ちゃんと根拠をもって話した人については、青森県に貢献してくれそうだという期待が持てますから、採用可能性も高まる気がするのです。青森県の公務員試験の志望理由を考えるときには、地元で愛着があるから働きたいということではなくて、青森県にとって自分が必要だと言える理由、自分が働けば青森県がもっとよくなる理由を述べて、だから私が青森県で働くべきなのです!というような感じで考えると良いと思います。そのためには自己PRと絡めて、青森県の政策について調べていく必要がありますけどね。

 

青森県で行っている取り組みを調べて、その中で自分の強みなどを生かせる部分はないか?を考えます。そして、それがあればその強みを生かして、青森県で特定の政策や取り組みに対して自分が参加できれば、よりいい方向に進んでいくという説明がしやすいと思います。青森県がより良い方向に進んでいくならば、それは青森県にとっても望ましいことなので、だから私は青森県を志望しますと話せれば、青森県の面接での志望理由は結構いい形になると思うのです。青森県の面接対策での志望動機の考え方の例として挙げてみましたが、少なくとも地元や愛着というキーワードは出さない方が良いと思うので、面接対策をするときから気を付けてください。青森県の公務員試験では自己PRと志望動機の考え方は重要で、ここが面接での核になるので、ここを時間をかけて考えていくべきです。そのうえでそれ以外の質問への対策もしていってほしいですが、青森県の公務員試験の面接を受ける人は、青森県在住か出身者が多いと思うので、どうしても地元や愛着を全面に出して志望理由を考えたくなる人が出てくるかもしれませんが、そこは我慢をして、自分が青森県で働くことでどんなメリットがあるのか?を志望動機の中心にしてほしいと思うのです。

 

公務員試験 現職採点官が教える! 合格面接術 2018年度

公務員試験 現職採点官が教える! 合格面接術 2018年度

 

 

あわせて読みたい記事