特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

就活の面接で答えにくい、答えづらい質問で答えに詰まったら?答えに詰まったときのための対策をしておこう

就活などの面接で答え詰まってしまうようなときがあると思います。分からない質問をされたとき、答えづらい質問をされたときにはどうしてもすぐには答えられないときがあると思うのです。就活の面接などで答えに詰まったときというのは焦る気持ちが出てきてしまうと思うんですけど、それをなんとか乗り切ることが重要です。というのも、就活などの面接では答えに詰まってしまうような質問が多くくることが予想されるからです。答えに詰まったらどうしよう?と不安を抱えているよりは、ちゃんと事前に心の準備をしておく方が良いと言えるのではないでしょうか?実際、就活などの面接で答えに詰まったらどうしよう?と不安を感じている人はいると思います。それは多くの人がそうです。しかし、面接で答えに詰まったらどうしよう?という不安は当たり前だと思うのです。答えに詰まるときが絶対にあると思います。それは想定していないといけない部分にもなると思うのです。

 

したがって、就活などの面接で答えづらい質問がくることをまず想定しておかないといけません。そして、そういった質問は事前に対策はできないものと考えましょう。基本的に答えづらい質問はどの企業を受けてもまず来ると思った方が良いと思います。面接において答えにくい質問はほぼ確実にくるでしょう。一次面接とかではあまり考えられませんが、面接が進んでいくにつれて、そういった質問が来ることは大いに予想されます。就活などの面接では答えにくい質問に答えられないこと、答えに詰まったらマズイのか?と思うかもしれませんが、マズイとは言えません。それが本当に誰もが答えづらい質問だとしたら、答えられないのはしょうがないと言えます。むしろ、とりあえず答えておかないといけないと思って、適当に答えておくよりは、何も答えないほうが良いのではないか?と私は思います。というのも、面接官の立場からすると、分からない仕事をいい加減な気持ちで取り組んでしまうのではないか?と考える可能性もあるからでう。ちゃんと的を射た、納得のいく回答ができれば問題ありませんが、そうではないのであれば、面接官の印象はあまりよくないのではないか?と思うのです。

 

就活の面接では答えにつまったらどうしよう?とは思わないことです。答えに詰まったときがあっても良いと思います。適当に答えるよりは、とりあえず考えることが重要です。そして、考えても何も良い回答が出ないときには、「分かりません」と答えてしまった方が良いと思います。とりあえず考える姿勢を見せることも大切ですが、どうしても考えても分からないときには分からないと言う勇気を持つことで、そういった社員の方が安心できるでしょう。つまり、分からないときには誰かに助言を求めたりすることができる人だと、そういう見方に面接官がなるかもしれません。適当にとりあえず答えとけみたいな姿勢の人間だと思われてしまうと、やはり採用する気は起きないかもしれませんが、答えづらい質問ならば分かりませんと言っても大してマイナスにはならないでしょう。むしろ、潔いところが評価される可能性もあるかもしれません。就活の面接では答えに詰まったときがあっても良いのです。就活などの面接では答えに詰まったらどうしよう?と考えるのではなくて、答えに詰まっても良いと、そして何も答えが出てこなくてもマシな場合があると考えておいた方が緊張しないで挑めるのではないか?と思います。

 

 新卒の就職活動の面接ではいろいろなことが重要になってきますが、面接官が使っている採用基準を知るというのは、1つ内定を取るために重要なことではないでしょうか?就活では面接官がどういうところを見ているのか?どこを評価しているのか?という部分を知ることができれば、そこから逆算して対策を立てることにより、面接官から見て非常に好ましい学生を演じることができます。そういったことができるならば、面接の通過率や内定が取れる可能性も上がるかもしれません。新卒の面接における採用基準といったものは多くの就活生は知らないと思うので、こういった情報を知っているだけでも他のライバルに差をつけられる可能性があります。内定が欲しいという方には役立つ可能性があるので知っておいてほしいと思います。

 

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

 

 

あわせて読みたい記事

公務員試験では資格は加点される?必要か?有利になる、役立つ瞬間はかなり限られる

公務員試験においては資格が役立つことはあるのでしょうか?民間企業でも資格を持っていると有利になるのではないか?と思っている人もいるようですけど、実際のところはどうなのでしょうか?公務員試験において資格を持っていると加点してくれるようなケースがたまにあります。事務職でもあるかもしれませんが、事務職以外も多い気がします。でも、そういうケースはあまりないです。したがって、資格が公務員試験において直接的に有利になるか?というと、そうは思えないのです。では、全く役に立たないか?というと、そうでもないと思います。公務員試験において資格が役立つケースがあるとしたら、1つは資格の取得過程をアピールすることです。これはどういうことか?というと、結果じゃないんですよ。プロセスなんです。例えば、英検1級をとりました。とします。確かに英検1級はすごいと思います。しかし、英検1級を取ったという事実だけではアピールにならない場合があります。というのも、これはよく言われるところの「自慢話」で終わっているからです。

 

民間企業でもそうですけど、企業や自治体が聞きたいのは結果じゃないんですよね。プロセスなんですよ。また、自慢じゃなくて自己PRを求めているのです。つまり、仮に履歴書や面接カードの資格欄に英検1級と書いてあっても、それだけでは自慢で終わりなのです。面接官が聞きたいのはその英検を1級を生かして何ができるのか?です。極端な例を挙げると、円周率を100桁まで暗誦できる人がいたとします。その人は確かにすごいと思います。他にそんなことができる人はまずいませんから。しかし、円周率100桁まで暗誦できたから、仕事で役に立ちますか?と言われると、役に立たないでしょう。それと同じなのです。公務員の業務を行っていくうえで役立つことだから、自己PRになるわけです。逆に役に立たないならば、それは長所とか、自慢とかいう言い方になってしまいます。自慢にならないように、ちゃんと自己PRになるように資格をアピールするならば、それは有利に扱われる可能性を秘めていると思います。公務員試験で資格が有利になるというのは、それをどう生かすか?まで述べられたときになります。

 

そうなると、履歴書や面接カードに書いてあるだけで評価対象になることは考えづらいのです。そうなると、資格が公務員試験で加点されるケースとしては、自己PRなど具体的なエピソードとしてそれを話さないといけないと思います。自己PRなどを通して、資格取得の意義を説明することができれば、それはきちんと評価される可能性があると思います。そうなると、公務員試験に資格は必要か?というと、必要とは限りません。自己PRなどで他の話すネタがあるならばあれで良いでしょうし、そういう人ならば資格を持っていないと不利になるということはないでしょう。逆に自己PRのネタがないような人は資格を持っていると有利になる可能性もあります。公務員試験で資格が有利になるとしたら、そういうケースですかね?自己PRを資格について話すというのはまあり一般的ではない気がします。バイト、ゼミ、サークル、留学などの話をする人が多いのかな?と思うんですけど、そういう人ならば公務員試験に資格が必要とは言えないと思います。公務員試験では資格は加点されるときには場面が限定されるということを覚えておきましょう。

 

公務員試験では面接などにおいて資格が加点されることはあまり目指すべきポイントとは言い難いと思うんですけど、人によっては公務員試験で資格が有利に働くように働きかけても良いのかな?と思います。公務員の仕事で実際に生きると思える資格を持っているならば。公務員試験では資格が役立つこともありますけど、面接を突破するにはいろいろなことに目を向けていかないといけないと思います。公務員試験の面接対策本でおすすめなのは以下のものですね。私も使ったことありますけど、毎年新しいのが出ているみたいです。本書は公務員試験の面接において基礎の基礎から合格点をとるまでの実力をつけるのに向いているもので、公務員試験の面接における流れ、受け答えの注意点、面接カードの書き方、見られているポイント、実際に何を聞かれるか?それへと回答の仕方は?という部分などついて書かれています。しかし、私が特に価値が高いと思うのは公務員試験の面接官はどういう人材を欲しがっているのか?について書かれた部分です。スクラッチくじの例が出ていたかな?そんな記憶がありますが、公務員試験の面接に受かるには、面接官に当たりだ!と思わせる必要があるのですが、面接官にそう思わせるにはどうしたら良いのか?その具体的なテクニックなどについて書かれているので、そこは一読の価値があると思います。良かったら参考にしてみてください。

 

面接・官庁訪問の秘伝 2018年度採用版 (公務員試験)

面接・官庁訪問の秘伝 2018年度採用版 (公務員試験)

 

 

あわせて読みたい記事

集団討論は発言が少ないと、しゃべれないと落ちる?話せないや話しすぎは問題だが・・・

集団討論においてはしゃべれない人も結構いると思います。なかなか自分が思い描いたように話せないケースはどうしてもありますから、その中でいかに発言していくか?が重要になるのです。しかし、集団討論では発言が少ないことは問題になるのでしょうか?発言が少ないこととしゃべれないことは同義ではありません。発言が少ないことは私は一概に問題とは思わないのです。逆に集団討論ではしゃべりすぎな人は落ちる可能性もあります。他の人の発言数が少なくなる可能性もありますし、関係ないことを話してしまうリスクもあります。協調性がないと判断されて、落ちる原因になることもあるのです。しかし、集団討論で発言が少ないことは一概にダメではないと思うんですよ。それは必要なときだけ発言をしているならば、結果的に発言の回数が少なくても問題ではないと思うからです。集団討論ではどれだけ発言をしたか?の回数を競うわけではなく、発言の質を競うわけですから。

 

集団討論においては議論の中でどれだけ効果的な発言をしたか?いかに論理的で、根拠がしっかりしていて、説得力のある発言をしたか?それが討論の結論にどれほどの影響を与えたか?というのが重要ではないでしょうか?だからこそ、何でもかんでも発言をしていれば良いというわけではないのです。ちゃんと考えて発言をしないといけません。集団討論はしゃべりすぎというのも問題ですし、話せないというのもときには問題かもしれません。しかし、集団討論はとにかく話せば良いわけではなく、自分の役割に徹していれば良いのです。討論っていうのは結論を出さないといけないので、意見がたくさん出て収拾がつかなくなるのも困ります。だから、何でも好き勝手に言うのではなく、意見を言うにしても取捨選択をして、言うべきもののみを話していくようにしましょう。そうやって何を発言していくべきか?ということを考慮してから話していくと、当然ですけど集団討論の中で発言することは少ないという状況も生まれます。デモ、それはおかしいことではないのです。意味のない発言というか、とにかく何でも良いから話さないと!と思って出た意見は、そんなに討論の中で効果的なものでないことも少なくないと思います。

 

そうやって意味があまりあるとは思えない発言を何度もしてしまうと、その中に効果的な発言が埋もれてしまい、審査している人間の印象に残りづらいです。しかし、集団討論では発言の回数は少ないとしても、意味のある効果的な意見ばかりを言っている人の方が印象に残ると思います。集団討論でしゃべりすぎな人というのはとにかく発言しないと!と思ってしまう人というのもあるかもしれません。集団討論では話しすぎは協調性に難あると見られる可能性もありますからね。そして、もう1つ注意点なのは討論の流れに合った意見じゃないといけないということです。テーマには沿っているが、討論の流れの中で、今言うことではないというような発言がたまにあると思うんですよね。これはとにかく何でも良いから話さないといけない!という、さっきのパターンに陥ったときになりやすい状況です。そういう発言は評価を下げることもあります。集団討論は話しすぎもダメだが、しゃべれないのも問題という非常に難しい試験です。しかも、討論の中で適切なタイミングを見つけてしゃべらないといけないので、面接以上の難易度だと思います。面接では話すチャンスやタイミングは分かりやすいですが、集団討論は自分で見つけないといけませんから。

 

集団討論は事前の対策が特に大切です。その重要性が特に説かれている一冊になります。集団討論は話しすぎや話せない人など事前対策をしないで臨むと、ほぼ落ちると思いますが、逆に言うと事前対策をしっかりとやれば受かる確率が大分上がるということです。経験も重要ですが、事前対策も同じくらいに重要なのです。本書は集団討論や集団面接の本番当日までの対策の仕方や当日の受け答えの仕方、さらには実はチェックされていると言われている控え室での過ごし方などまでノウハウが載っています。集団討論などは話せないとか、しゃべれないかもしれないと悩んでいる人こそ、こういったノウハウを知っておくと本番で有効な立ち回りが出来る可能性もあります。運が関係してくる試験ではありますが、事前対策をしてくことで実力で通過することもできると思います。就職活動や公務員試験でお馴染みの集団面接についても言及されていて、こちらも同時に読んでいくと良いと思いますし、集団討論とあわせてダブルで対策がしやすい一冊になっていると思います。集団討論ではしゃべれないとか話しすぎたらどうしよう?と悩んでいる人ほどこういった対策本が生きる可能性もあります。通過する可能性を上げたいならば読んでみると良いのではないでしょうか?

 

集団面接・集団討論完全対策マニュアル

集団面接・集団討論完全対策マニュアル

 

 

あわせて読みたい記事

倉敷市の公務員試験の難易度は高い?筆記と面接の倍率は謎だが、採用予定者数は多い?

岡山県倉敷市の公務員試験は難易度としては普通くらいではないか?と思います。倉敷市の公務員試験の倍率はそこまで高くありません。低いわけでもないですが、難しいという印象はないです。ただ、倉敷市の公務員試験は過去の試験結果がかなり簡略化されていて、最終合格した人の倍率しか分からないのです。倉敷市の平成27年度の試験結果を見ると、270人が受験して40人が合格しています。倉敷市の公務員試験の採用予定者数はこの年は35人なので、結構多いと思います。これしか分かりません。したがって、倍率は7倍弱くらいということなのですが、それ以上のことは分かりません。つまり、倉敷市の公務員試験の筆記試験と面接試験の倍率の詳細は分からないということなのです。したがって、倉敷市の公務員試験の難易度のだいたいの部分は分かりますが、筆記試験と面接試験のそれぞれの状況はよく分かりません。倉敷市の場合には全体の倍率が7倍弱くらいということで、この年に関して言えば筆記試験も面接試験もそこまで難しいわけではないと思います。筆記試験が3倍、面接試験が2倍とかそれくらいになるのではないか?と思います。

 

これは予測でしかありませんが、この倍率から推測するとそのくらいの数字が妥当かな?と思うのです。そうなると倉敷市の公務員試験の試験内容が重要になります。倉敷市の公務員試験の内容を知っておくと、ある程度合格のための対策ができるので、こういったところを知ると良いのではないか?と思います。平成27年度の倉敷市の公務員試験の試験内容を見ると、一次試験は教養試験、専門試験、論文試験となっています。一次試験から結構盛りだくさんです。対策が大変かもしれません。そして、二次試験は適性検査と口述試験で、三次試験は口述試験となっています。これは事務職の試験内容で、当時のものなので、最新年度の受験案内は必ず自分でも確認しておいてください。内容が変わっている可能性もありますから。倉敷市の公務員試験の倍率は詳細は分かりづらいですけど、三次試験まであるということは1回あたりの倍率はそこまで高くないということではないでしょか?倉敷市の公務員試験の倍率は全体としては7倍くらいなので、面接の倍率は二次と三次で合計して2~3倍くらいなのかな?と予測しています。正確には分かりませんが、倉敷市の公務員試験の面接の倍率はそれくらいでしょうか?全体の倍率が変化すれば、面接の倍率も当然変わってきますけど。

 

この年の倉敷市の公務員試験の倍率はこんな感じなのではないか?という話であって、それが今後変わる可能性もあるので、そこは注意してもらいたいですけど、倉敷市の公務員試験の難易度はちょっと分かりづらいですけど、面接が2回くらいあるので、結構難しいと言えるかもしれません。倉敷市の公務員試験は筆記や面接の倍率が載っていないので、想像するしかありませんけど、倍率が分からない以上は筆記試験のボーダーラインも分かりません。倉敷市の公務員試験のボーダーラインはどれくらいなのか?というのは全く想像ができないのです。地方上級の日程みたいなので、6割とれば大丈夫じゃない?と個人的には思いますけど、実際大丈夫なのか?は正確には分からないのです。そうなると、どれくらいまでとれるようにしておいたら良いのか?が分かりませんが、1点でも多くとれるように勉強をするしかないのです。倉敷市の公務員試験の筆記のボーダーラインはそういった感じで予想が難しいです。

 

倉敷市の公務員試験の難易度は倍率は7倍くらいで、今後もそうのような感じで推移する可能性がありますけど、そこそこ難しいと思った方が良いでしょう。特に倉敷市の公務員試験の筆記対策は真剣にやらないといけません。地方上級なので、問題のレベルも高いと思いますから。したがって、倉敷市の公務員試験に受かるには筆記対策が特に重要です。過去問を使って対策をするのが良いですけど、地方上級の問題のレベルは知っておかないといけないと思います。やってみると結構難しく感じることもありますから。国家一般職よりも難しいという人もいます。倉敷市の公務員試験の筆記の難易度は高いと思うので、以下のような過去問を使用して1度やってみてほしいと思います。地方上級の過去問をやったうえで問題のレベルを確認して、できないところ、苦手な分野を明らかにして、そこを重点的にやることで、全体の点数を上げることができ、本番での筆記試験に通過する確率が上がると思います。そういった過去問をやったうえで再度補強する時間が必要なので、ちょっと早めに買ってやってみてほしいと思います。倉敷市の公務員試験の筆記や面接の倍率は分かりづらいですが、難しいはずなので、まずは筆記試験に通過できるように取り組んでいきましょう。

 

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

 
地方上級 専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

地方上級 専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

 

 

あわせて読みたい記事

結婚しない生き方をする若者や男女が増えて労働人口も減少する社会が到来する

生涯未婚率の上昇などに象徴されるように、結婚しない生き方を選んでいる人は多いです。結婚するにしても晩婚化が進んでおり、非常に社会構造の変化が今後予想されます。結婚を希望している人もそれなりに多くいるわけですが、希望していてもそれができない人もいるので、そういった人を含めると生涯未婚率は相当高いのではないか?と思います。予測ではどんどん上昇を続けていき、3分の1は結婚しないような時代も到来すると言われています。結婚しないというのは以前は変人扱いされる時代だったものの、現代はそういった人たちが増えてきたため、変人扱いまではいかないでしょう。生涯未婚率の上昇によって、結婚しないことが当たり前ではないとしても、結婚しないことがおかしくない時代にはなってくると予想されます。つまり、社会の風潮としても結婚しない生き方に対して寛容になっていくと思われるのです。しかし、結婚しない生き方をする男女が増えると影響は大きいでしょうね。

 

結婚しない生き方があって当たり前だと考えている人たちが増えると何が起きるか?少子化がまず起きるでしょうね。それだけではありません。労働人口の減少が起きるということも予想されます。結婚しない生き方をする若者などが増えると少子化が起きるというのは分かるかもしれません。結婚しないことが勝ち組まではいかないまでも、負け組みたいに言われる風潮はいずれ消えていると思います。現代は世間体と言うのが、結婚する理由の1つになっている部分はなくはないでしょうから、その部分が人間の感情から完全に消えたならば、結婚をしない人が増えるのは当たり前かもしれません。元々結婚したくなかったが、世間体からそれを選択できなかった人は、結婚しない生き方をできるならば勝ち組と自身では感じるのかもしれないです。でも、結婚しない若者が増えるとなぜ労働人口が減少するのでしょうか?それは結婚をしないことで、辛い労働から逃れるという選択が容易になるからです。いわゆるアーリーリタイアみたいなものがより可能になります。

 

貯金と節約生活(場合によっては軽い労働)によってサラリーマン生活から解放される生き方をするためには独身でいた方が難易度が低いと言えます。つまり、結婚しているとそういった選択肢はとりづらいが、独身でいるとアーリーリタイアがしやすいので、結婚しない人生を決めた人が増えるとそういった人も増えるということになり、労働人口も減少しやすいのです。労働人口が減少する理由は少子化もありますけど、それ以外の理由も含まれると思います。結婚しない生き方をする男女は今後益々増えるでしょうね。結婚したくないという人もいれば、結婚したいけどそれが叶わないという人もいるでしょうし、結婚したくない人が増えるという部分と結婚できない人が増えるという2つの要因によって、生涯未婚率は上昇していくと思われます。しかし、ある程度のところで止まるでしょう。したがって、これからは結婚する人と独身の人で二極化する可能性があります。結婚しない人生をどう感じるか?は人それぞれですが、結婚をする人が多数派とは言えない時代が仮に来るとするならば、それは結婚をしても、しなくてもどちらも幸せだと感じられる要素は持っていると言えます。

 

結婚しない生き方を選ぶ若者が増えるというのは今後の傾向になりそうな気がします。その中で少子化が起こり、労働人口の減少が起きるというのも、ある程度は必至な気がします。その中で社会を維持していくためには、何が必要か?それは少子化を食い止める、結婚をさせる仕組みを作ることではないでしょう。それとは逆行する流れができてきているので、すなわち今国や自治体がやろうとしているのは下ってくるエスカレーターを上ろうとしている行為に近いのです。流れに逆らっているわけです。今必要なのは少子化対策でも結婚を促す対策でもないです。この2つの問題は止めようと思っても止められるものではないと思います。つまり、少子化や結婚しない人たちが多くいても回る社会の仕組み作りです。少子化や結婚しない人が多いということが無縁だった時代に作られた社会システムがいつまでも機能するとは考えづらいので、いつかは変える必要性が生まれると思います。それが今なのではないでしょうか?結婚しない生き方をする若者が増えることやそれによって労働人口が減る時代に見合った政策を国や自治体はしていかないといけないのです。

 

 

ベーシック・インカム入門 (光文社新書)

ベーシック・インカム入門 (光文社新書)

 

 

あわせて読みたい記事

就活でなんでもやりますは有効?やりたくない仕事やなんでもいいという姿勢の捉え方は気をつけた方が良い

就活において「なんでもやります!」とアピールをすることは有効なのでしょうか?どういったときにそういうアピールをするのか?は分かりませんけど、なんでもやりますという姿勢は高評価を得られる場合もあるそうです。ネットで調べてみると、人事が評価するケースが載っていますけど、理由としては変な抵抗がない分、いろいろな仕事に対して柔軟に取り組んでくれる可能性が期待できるからだそうです。これは言ってしまえば、やりたくない仕事でもやります!とか、そもそもやりたくない仕事はありません!という言い方にも聞こえるわけです。企業としても企業の都合で配属などを決めるため、本人の希望どおりにならないこともあるのですが、そういったときに就活でなんでもやりますとアピールをしている人は好ましい人材と言えるのではないでしょうか?基本的に人事としても就活生がやりたくない仕事が少なからずあるのは知っていると思います。しかし、そういう仕事もやってもらわないと困るとも思っているでしょう。

 

そうなると、就活生がやりたくない仕事を持つのは悪くないが、それを含めてなんでもやります!という姿勢でいてくれないと困るという部分もあるのではないでしょうか?つまり、就活においてはやりたくない仕事というのはそう口にするものではないですけど、口にしなくても人事はやりたくない仕事もあるというのは分かっているはずです。そこは否定しないけど、そういう仕事をやってくれる人じゃないと困るので、そこを判断するときに就活でのなんでもやりますというアピールが有効になることがあるのです。しかし、これは場面を考えて使わないといけないと思います。就活ではやりたくない仕事であってもやらないといけないから。という意味合いでなんでもやります!と言うのは良いかもしれないが、就活においてなんでもいいと言ってはいけない場合もあると思うのです。それが何をやりたいか?と聞かれたときです。やりたい仕事は何か?と聞かれたのに、なんでもいいと答えてしまうと、人事としても拍子抜けする可能性があります。これは予想外の回答になると思うのです。

 

こういった質問は恐らく特定の事業をやりたいといった回答を期待していると思われ、そこになんでもやります!と答えると、企業が期待していた答えが来なかったことになると思います。なんでもやりますとか、やりたくない仕事をやるというアピールは必要ですが、それをどの場面でも全面に押し出すのは間違っている可能性があるのです。就活ではなんでもいいという姿勢がときには間違いであるということも知っておかないといけないと思います。したがって、やりたい仕事内容を聞かれたときにはやりたい仕事を答えるで良いと思うのですが、就活でやりたくないことを聞かれたときにはなんでもやりますとアピールするのはとりあえず効果的ではないか?と思います。就活ではなんでもいいという姿勢を見せることは効果的な場面とそうじゃない場面があるので、それを使い分けていくことが重要でしょう。そして、やりたくない仕事であっても基本的にはやらないといけないというのがビジネスマンのスタンスで、かつそれを面接中とかに出してはいけない。やりたくない仕事があるということは言わなくても面接官も分かっていますから、あえて言う必要がないってことです。そのうえでやりたくないこともやります!という姿勢を見せることが重要になると思います。就活ではやりたくないことは見せずに、やりたいことは見せるという使い分けも重要と言えると思うのです。

 

内定をとるためには面接官とか、人事の考えていることを分析して、それに見合った就活生を演じるということも重要になると思います。そういったときに以下の本は使える可能性があるのです。本書は早期で内定をとるために使えるいろいろな戦略やコツなどの情報が載っていますが、中でも人事が語っているこんな学生がほしい、こんな学生はいらないという情報は一読に値する可能性があります。採用、不採用を決める人事が学生を採るときの採用基準のようなものを暴露してくれているというのが、貴重な部分で、こういった情報をあらかじめ知っておけば、それを踏まえて面接対策などもできますから、人事にとって魅力的に見える、欲しいと思える学生を演じることができると思います。こういった採用基準に関する情報格差によって、結果にも差が出ることがあるので、他のライバルに差をつけたい人はこういった本を読んでおくと役立つ可能性があります。良かったら参考にしてみてください。

 

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

 

 

あわせて読みたい記事

就活のネクタイの色や柄は?ドットやストライプは?赤や青や水色やエンジ色は定番だが緑や黄色は?

就活においてネクタイの色や柄は迷うのではないでしょうか?すでに購入している人もいると思いますが、実際に面接とかに着けていくとなると、どういったネクタイの色や柄が良いのか?というのは心配になってくる人もいると思います。ネクタイの色や柄は印象面で大きな影響を与えますからね。就活でのネクタイの柄はドット柄などがありますが、これはどうなんでしょうか?代表的色ではありますけど、就職活動中という中で言うとそんなに見る柄ではない気がします。社会人はたまに見かける気もしますけど、就活生の中ではネクタイの柄でドットというのはそこまでは見ないかな?という印象です。無地も見ないですけど、ドット柄もそこまでは見ないかな?と思います。ただ、少ないからいけないわけではないと思います。問題はそれを見たときの人事の印象です。そこを想像してみることです。就活のネクタイの柄でドット柄は印象としては悪くはないと思いますけど、カジュアルな場ではないので、ドットの大きさはそこまで大きくないものにした方が良いとは言われています。

 

就活のネクタイの柄ではストライプが多いです。ストライプは斜めになっているものが個人的にはオシャレかな?って思います。ストライプのネクタイは社会人もしていますし、就活生も多くしているので定番です。就活のネクタイの柄で言うならば、このあたりが候補かな?と思います。ドットかストライプを選んでおけば、とりあえずネクタイの柄で不利になることはないのではないでしょうか?就活のネクタイの色や柄は難しいところではありますけど、ストライプは定番です。そして、個人的には格好良いネクタイの柄になると思います。ストライプは無難につけられて、似合う人も多いと思うので、おすすめしたいと思います。そして、就活でのネクタイの色ですよ。ここが問題になります。ネクタイの色はどうしたら良いのか?というと、定番と言える色は存在していると思います。就活だと赤、青はやっぱり定番かな?と思います。無地ではなくて、柄が入ったものになりますが、ベースカラーとしては赤と青は明るい色で非常に見た目の印象を良くしてくれます。スーツが黒とか紺色などの暗い色なので、そこにアクセントとしてネクタイを明るい色で調えることは効果的だと思います。

 

就活でのネクタイの色は赤や青が定番で、非常におすすめの色になりそうですが、赤も明るすぎる色は印象が強すぎる場合があるので、ちょっと選び方には注意したいところです。それ以外だと緑はどうでしょうか?緑は使っている人はあまり多くない気がしますが、赤や青と同様に明るい色じゃないですか?で、爽やかな色ですよね。個人的には好きな色ですが、就職活動ではあまり見ません。浮く可能性があるということです。就活でネクタイの色が緑というのは賛否両論ありそうな感じですね。そして、黄色はどうでしょうか?黄色もかなり強い色で、明るい色ではありますが、ちょっと奇抜な印象があるような気がします。黄色のネクタイを付けている人はたまにいますが、ちょっと薄い黄色が多いかな?と思います。明るいいわゆる黄色というネクタイというよりは、マスタードみたいな、白が混じっているような黄色の方が就活で使うネクタイの色としてはまだ適当かな?と思います。でも、全体としては就活での黄色のネクタイはそんなに見る感じではないので、企業によって見方が変わるかもしれません。それは緑も同様だと思います。就活でのネクタイの色で緑や黄色はちょっと考える必要があるかもしれません。

 

そして、最後に紹介しておきたいのは水色とエンジ色です。就活で用いられることもあるのがこの2色です。エンジ色というのは早稲田大学のスクールカラーと言えば分かりやすいでしょうか?明るい色ではないですけど、スマートな色という表現ができそうで、比較的就活生に愛用されている印象です。就活のネクタイの色でエンジ色がある程度人気の理由はやはり早稲田大学のイメージがあるからかもしれないです。あの色を見ると早稲田のようなスマートな印象を浮かべる人が多いのかな?と思います。したがって、就活のネクタイの色でエンジ色はおすすめなのです。そして、水色に関しては明るい色で誠実な印象を与えられそうです。印象としては青に近いかな?とは思いますけど、紺色と同様に誠実な印象を与える力があると思うので、爽やかな色ということもありますけど、水色は就活のネクタイの色でもそれなりに人気ではないでしょうか?青系の色は男性には人気なんですよね。だから、青だけじゃなくて紺色や水色は就活のネクタイの色では主流に近いのではないか?と思います。

 

就活でのネクタイの色は面接などにおいて非常に重要なモノです。面接官の印象を決めますから。しかし、やはり新卒の就活の面接に受かるにはネクタイの色も重要ですが、面接官が何を考えているのか?を知ることも重要です。面接官が採用基準としてどういったものを使っているのか?面接では学生のどこを見ているのか?どういう学生が欲しいのか?について解説しているのが以下の本になります。本書では新卒の面接官が学生を採用するにあたって使っている採用基準などについて詳しく知ることができるので、本書を読んだうえで面接対策をすればそれは効果的になる可能性が高いです。面接官が採用したいと思っている学生像や学生のどこを面接で見ているのか?を知れば、それに合わせた面接対策をして臨めるので、結果的に面接官にとって好意的な学生を演じることができる可能性が高まります。そうなると、面接に通過する確率、内定が出る確率も上がる可能性があるので、もし良かったら読んでみると良いかもしれません。

 

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

 

 

あわせて読みたい記事